A8で楽天カードをセルフバック!自己アフィリエイトのやり方を解説

「A8.net(エーハチ)経由でクレジットカードを作れば、報酬がもらえる」という噂を聞いたことはないだろうか?

実際に僕はそれを実行し、13,000円の報酬をゲットしました。

この自己アフィリエイト(セルフバック)と言われる方法は全く怪しいものではなく、知ってる人だけが得をするシステムです。

楽天カードだけでなくU-NEXTなどの動画視聴サービスや、サプリメント・化粧品などのセルフバックもあるので、ぜひ利用してみてください。
#A8.net

自己アフィリエイトのかんたんな流れ

  1. A8.net(エーハチ)など「ASP」というサービスに登録する
  2. 「セルフバック」の項目から該当の商品を見つける
  3. セルフバックのリンクを踏んで、公式HPに移動
  4. 公式HPでサービスの登録 or 商品の購入処理を済ませる
  5. 報酬がもらえる

という流れ。

ASPとはAffiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)の略ですが、わからないと思うので気にしなくてOK。

やってる事としては、サイト運営者、ブロガー、インフルエンサーなど、ネットで発信力のある人と宣伝して欲しい企業を仲介するサービスです。

悪い言い方をすると「ステマで自社商品を宣伝して欲しい会社を集め、紹介したい一般人をつないでいる」って感じ。

『企業からの案件』を仲介している。といった方がわかりやすいかもしれません。

 

普通の使い方は、自分のブログ・サイトで宣伝→そこから誰かが購入→自分の報酬になる。という流れです。

しかし、自己アフィリエイト(セルフバック)は自分で自分に紹介しているような形で報酬をゲットすることができます。

アフィリエイトのイメージは良くないと思いますが、今回の僕のように”楽天カードを作る事が決定済み”の人などは、絶対に使った方がオトクです。

見ず知らずの誰かに商品・サービスを押し付けてるのではなく、自分自身で利用するのですから…

なぜ、こんな自己アフィリエイトというモデルが成立するのかは後から解説するとして、早速セルフバックをする流れを紹介します。

エーハチで楽天カードをセルフバックする方法

A8.netのセルフバックのページから楽天カードへのリンクを踏んでカード発行の登録をすること。

たったそれだけでOKです。

1点だけ注意として、ブラウザのCookie情報を一回リセットした方が良い。

Cookieを使ってセルフバックの認証を行なってるので、一度リセットした方が何かの弾みで報酬が発生しないというトラブルを回避できます。(ごく稀に失敗するときがあるので、リセットした方が良い)

※Cookieの削除が嫌な人は、違うブラウザを使ってセルフバックをすると良いでしょう。

Cookieの削除

僕がGoogle Chromeから申し込みました。

ブラウザのCookieを削除するには、まず「設定」をクリックする。

「設定」の下の方にある「詳細を表示」をクリックすると、「閲覧履歴データを削除」があるのでクリックすると上の画像が出てくる。

Cookieだけでいいかもしれないけど、キャッシュも削除した。

閲覧履歴とダウンロード履歴はついでに削除しただけ。

これで準備完了!!

セルフバック画面から楽天カードのリンクへ飛ぶ

A8.netのセルフバックのページに移動したら、総合ランキング1位にあった。

(普通は検索窓から探します)

詳細を見るをクリック。

セルフバックを行うをクリック。

すると楽天カード入会のページへ飛ぶ。

これで申し込みをすればセルフバック13000円がゲットできる。

楽天カードの申し込み

今回は楽天カードの申込方法を紹介していますが、別案件でもその公式ホームページから注文・成約すればOKです。

楽天カードサイト内から申し込み開始。

個人情報を入れて…

パスワードを入れて、本人認証。


続けてサービスを利用するをクリック。

よくわからないけど「レギュラー会員」になってる。

ここは一番左の「楽天カード」を選択。他の2つはセルフバック対象外。地味な罠w

公式サイトにはセルフバックのルールは一切表示されないので、A8のルールを注意深くチェックするのは重要です。

楽天カード申し込みフォームへの記入

ここから鬼のように長い申し込みフォームを記入する。

写真は載せていないけど、サービスを付加するかどうかで、もらえるポイントが変動するっぽい。

この時はポイントの最大獲得を目指していろんなサービスを付加しましたw

  • 楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせを「受け取る」(100pt)
  • 楽天カード BESTレコメンドを「受け取る」(100pt)
  • 自動リボサービス申し込みを「申し込む」(2000pt)
  • カードのキャッシング枠「希望」 50万円(希望で500pt 30万以上の希望で最大2000pt)
  • ETCカードを「申し込む」(最大2000pt)→年会費540円必要です!
  • Edy昨日付帯を「申し込む」(Edy500円、一回以上の使用で100pt)
  • Edyのオートチャージ設定を「申し込む」(申し込み&合計3000円以上の利用で最大2000pt)

を登録しました。

個人的に気をつけなければいけないと思ったのが「自動リボサービス」月に数万円までとかの設定で、それを越えると繰越される。

普通に使ったら100%越える。

リボ払いの手数料が勿体無いので2000pt確認したら即変更したいと思ってます。

その他は別にどうでもいいやって感じです。

その後、勤務先や口座登録して申し込み!これで終わり!

A8.netに戻って確認してみた

マイページのセルフバック速報を見ると、13000円の報酬額が!!

楽天カードの場合は、さらに普通に登録した場合の楽天ポイントもついてくるので、めちゃくちゃお得でした(笑)

セルフバックをする上でのポイント

セルフバックの方法を解説しましたが、簡単でお得ですよね♪

早速、セルフバックをやってみるのも良いですが、さらにお得にするためのポイントがあるのでご紹介しよう。

セルフバックは期間限定の報酬UPを狙う

エーハチに登録していると、定期的に企業案件の情報が入ってきます。

楽天カードのセルフバックは通常953円ですが、期間によって13000円とかアホみたいに跳ね上がったりします。

TEKEO
TEKEO

案件の繁忙期や会社の予算によって左右するので、割が良くなったらセルフバックするというスタンスで使う事が多いです。

A8に登録したら、すぐにセルフバックを利用できますが、期間限定で還元率アップなどは見逃してしまうので、今使わなくてもとりあえず登録しておくのがおすすめ

ちょうど3年前くらいに、楽天カードが欲しいなと思っていた僕はこの機会に飛びつきました(笑)

セルフバックの条件をしっかり確認する

A8に登録されている案件が、いつでも・誰でも報酬が得られるワケではありません。

  • セルフバックは1回のみ
  • 登録後、実際に利用した人

などの制約がある案件も多いので、注意しましょう。

今回の楽天カードを作る際でも「レギュラーカードのみ対象」という注意書きがあったので、もしゴールドカードを契約したりすると報酬は発生しなかったでしょう。

企業の公式ページ上では、セルフバックの注意点は一切書かれていないので、事前にA8のページでチェックするのは重要です。

例)楽天カードのセルフバックがダメなパターン

  • カードの券種切り替え
  • 解約履歴のある人
  • 楽天ゴールドカード、プレミアムカード、楽天ANAカードの申し込み

これはセルフバックを得るための条件。

当時の自分は新規でカードの種別も普通のでよかったので、条件はOKでした

ちなみに、クレカ案件は「とりあえずクレカを作って欲しい」と考える企業が多いので、かなりお得になるケースが多いです。

エーハチ経由でセルフバックをおすすめする理由

今回は「A8.net(エーハチ)」と呼ばれるASPを使ったのですが、同様にセルフバックできるASPは他にも存在します。

  • afb
  • アクセストレード

などなど…

ASPによって案件のあるなしがあるので、複数登録しておくのも良いですが、基本的にA8.netから利用するのがおすすめです。

  • 東証1部上場のファンコミュニケーションズが運営
  • 案件数も業界トップ
  • 即時支払い機能が使える

運営母体の会社がしっかりしていて、案件数が多いのも良い点ですが、即時支払い機能が使えるのが一番良いです。

詳細  https://support.a8.net/as/immediatepayment/

報酬をもらう流れとしては、

自己アフィリエイトで成果が発生 → 広告主(今回は楽天)が確認し、報酬の支払いを承認 → ASPで決まった振り込み日に振り込み

という流れで報酬が支払われます。

セルフバックをしてすぐに報酬が自分の口座に入るワケではありません。

 

しかし、「即時支払い」という機能を使うと、ASPからの振り込み日まで待つ必要がなく、大幅に報酬獲得までの期間が縮めれるのです。

セルフバックだけしかしない人なら、すぐに報酬を手に入れたい人も多いと思います。

TEKEO
TEKEO

入金までのスピードはA8が一番早い。次いでafbって感じです。

【余談】自己アフィリエイトが成り立つ理由

興味がある人向けに一応書いておきます。

商品やサービスによっては「まず知ってもらわないと始まらないもの」であったり「クレジットカードの様に普及させて使ってもらう事で得られる顧客データに価値がある」という場合があったりします。

なので企業としては、短期目線で自社の利益が下がったとしても、長期的に見ると使ってくれる方がメリットが大きいのです。

逆に自己アフィリエイトできるのにしないという選択は、せっかく企業が還元してくれるお金をみすみすもらわないという行為そのものなのです。

楽天カードを例にA8でのセルフバックの方法を紹介しました

今回は僕が楽天カードをゲットした時を例に、セルフバックの方法を紹介しました。

普通に作った時の初期ポイントに加え、さらに13000円貰えるのはでかいです!

A8への登録がめんどくさい…

こう感じる人も多いと思いますが、日頃から使っている商品が案件にあればラッキーですし、登録後に放置していても一切害はありません。

 

タイミングよく高額キャンペーン中の時に当たったら超ラッキー。

同じカードを作るにも、

普通に作るのが < 低額の自己アフィで作る < 高額の自己アフィで作る

というのは間違いないです。

カード以外にも美味しい自己アフィリエイトをチェックして探すのも面白いですし、ぜひ登録して暇な時にでも探してみてください。

A8.netの登録はコチラ

タイトルとURLをコピーしました