漫画「響~小説家になる方法~」|暴力的で画力ゼロだがおもしろい

2017年マンガ大賞を受賞した、響~小説家になる方法 柳本光晴(著)

テケオ
そりゃ受賞するだろうな。

私がこの漫画を知ったのは2巻が発売された時です。近くの漫画喫茶に入ってからハマってしまい、ずっと読み続けています。

この漫画の簡単なストーリーと面白いポイントを描いてみました。

ストーリー

主人公の女子高生、鮎喰響あくいひびきは小説が好きな女の子。しかし彼女は小説を書く才能に溢れる「天才」という人物です。

物語は彼女が、とある文芸編集部の新人賞宛に直筆の投稿を送ったことがきっかけで、賞を受賞するまで一気に駆け上がっていきます。

その過程の中で、「強烈な天才の感性」「天才への嫉妬」「大人たちの思惑」などをうまく絡めたストーリーとなっています。

面白いポイント

個人的に面白いと思うポイントを挙げていきます。

この漫画は捉え方次第で面白くなるかどうか、かなり変わってくると思います。

主人公(響)のキャラがやばい

響はどのような場面でも自身の価値観を貫きます。

入学早々にヤンキーの小指の骨を折ったり、屋上から落ちたり、気に入らない本棚をぶっ倒したりetc…

これだけ見れば、めちゃくちゃオカシイJKなんだけど、彼女の視点や考え方だときっちり筋を通しているんですよ。

読者からみても確かに筋を通そうとしているのはわかるんですけど、普通そういう選択はできませんw

そして彼女自身がその行動を周りが理解してくれず、少し悩むような描写もあるのが凄い所だなと思う。

天才ゆえの感性や苦悩をうまく表現しているんですよね。

キャラを引き立たせるために、強烈な設定を無理やり入れた感はなく、きっちり意味があるという点が素晴らしいです。

みなさん自分が周りと少し違う価値観や考え方で苦しんだ経験があると思います。そういう世間とのギャップで苦しんだ経験が多い人ほど、彼女の人柄に魅力を感じると思います。

小説を読んだことなくても関係なく面白い

漫画で扱われている小説とは主に「純文学」というジャンルを扱っています。

私自身、小説などほぼ読んだこともなく興味もありません。

なのでタイトルだけ見て「パスで」って人も多いかもしれません。

しかし、

小説についての知識は不要です。というか関係ないですw

この漫画で面白いポイントは、天才小説家を中心に「嫉妬」や「思惑」が入り乱れる所です。

それを本当にうまく表現していると思う。

登場人物それぞれの角度からのモノの見え方や考え方を、考えさせられる感じがすごくて読み応えがあります。

テケオ
よく練られてるな〜

って思いますね。

残念なポイント

テケオ
絵が下手ですw

顔も体のラインも全てに置いて下手すぎる!マジで画力はないんだな…と思ってますw

ただ、そんなの関係ねぇ!と言わんばかりの内容の面白さがあるのは事実。

あなた
じゃあ別に残念じゃないよね?

と思われるかもしれませんが、残念なのです。なぜなら、

テケオ
絵が気に入らないという理由で読み損ねている人がいると思うから。

著者も読者の両方ともめっちゃ損してると思う。

柳本光晴先生って何者?

このレベルでインパクトがあった漫画の著者は気になるもの。

ググってみたけどwikiがない!マジか…

でも他の作品があったので、購入して読んでみました。

はい。タイトルが強烈すぎますねw

「響」を書く前に書いてたもので、この1巻のみです。

少しネタバレですが、サムネに出てる女の子は不治の病にかかっていて、高校入って数ヶ月でマジで死にます。

彼女が死ぬまでなにを考えていたか?周りの友人や好きな人はどういった気持ちや行動をするのか?などめちゃくちゃ考えさせらます。

「響」と同様に作り込みが深いです。

こちらは読んでません。興味はあるんですけどラブコメか…という感じ。

テケオ
絵がなぁ…

でも、柳本先生を総括すると、
テケオ
才能の塊みたいな人やな(絵が下手だけど)!

素直にそう思いますね。

まとめ

  • オススメの漫画「響~小説家になる方法~」をご紹介
  • 柳本光晴先生が天才なんじゃね?
  • 「女の子が死ぬ話」も面白いよ

このタイミングでなぜ紹介したかというと、現在~2017年9月7日まで1,2巻が無料で読めるから!(私はニコニコ書籍で見ました!)

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

ニコニコ書籍

ニコニコ書籍
無料
posted with アプリーチ

1巻までだと「天才のオカシイJK」で終わるかもしれないけど、2巻まで読めば面白さがわかるかも!?

テケオ
チャンスですよ!

シェアする

フォローする