レーザー墨出し器『VOICE』は中国製だから精度が悪い?タジマとも比較

安いレーザー墨出し器として注目を集めているのが『VOICE』です。

「安いという事は何か理由があるのでは?」

そうして調べていくと、VOICEは中国製であると知った人は多いのではないでしょうか。

中国産と言われると「安いけどモノが悪い」印象が強いくないですか?精度が命であるレーザー墨出し器としては致命的と言って良いでしょう。

しかし、『VOICE』の安さや利便性は捨てがたいですよね。

この記事では中国製『VOICE』の精度など仕事として本当に使えるモノかどうかを検証・解説しています。

今すぐVOICEを最安値で購入する

【結論】『VOICE』は中国製でも問題なし

テケオ
テケオ

『VOICE』は中国製ですが、仕事でしっかり使えます!

精度を落とさない設計や、品質をキープするための製造工程、さらにアフターフォローもしっかりしています。

理由1 企画・設計・検品は国内で行なっている

企画・設計・検品は国内で行われています。

お客様の声をベースに設計していて、本当に必要な機能だけを凝縮してコストカットしているようですね。

また、「検品」を国内で行なっているので安心できます。

やはり中国で検品を任せていたら、適当な部分・商品が出てしまいそうですが、最終チェックだけは日本でしているんですよね。

つまり、商品の価値を決める上で大事な部分は国内でしているという事です。

理由2 メーカー保証が充実している

VOICE製品保証内容(一部抜粋)

中国製であろうと国内製であろうと、どうしても不良品が混じってしまう事があります。

もちろん「検品」で不良品を弾くには弾いても、なぜか通過してしまうモノこともあるでしょう。

そんな万が一の場合でも、無償交換、全額返金などのメーカー保証が充実しているんです。

  • 初期不良 発送日から14日間保証
  • 修理・交換品保証
  • 一年保証

購入後のトラブル対応にも実績があり、楽天レビューの口コミで数件「不良の対応が早かった」という理由の高レビューもありましたよ。

気になる保証内容の詳細はこちら→VOICE公式 製品保証内容について

理由3 メンテナンス費用も格安

メンテナス料金価格の比較

レーザー墨出し器は精密機器なので、1~1年半に1回は必ず精度調整が必要になります。

残念ですがどんなレーザー墨出し器でも、時間経過や温度の影響でズレが発生してしまうんですよね。

『VOICE』では他社よりも圧倒的に安く精度調整が可能で、アフターメンテナンスのコストも購入前に公開しているんです。

 

VOICE精度調整の様子

精度調整の手抜きも一切なし!

電子機器組み立て技能士(国家資格)を持った方が、正確な調整・修理を提供してくれますよ。

なので、たとえ中国製であっても長期間、精度良く使用する事が可能です。

そこまでのサービスがついてなぜ『VOICE』が安いのか?

『VOICE』は確かに中国製で、工務店で働いている40~50代の男性にとっては不安を拭えない部分は大きいでしょう。

「この価格でそのサービスと保証は絶対ない!どこかで破綻しているのでは?」

そう疑ってしまうのも無理はないですよね。

しかし、このサービスでも維持できるシステムとして、ネット通販で直販のみという形態をとっているんです。

  • 自社ブランドの直販のみで代理店はなし
  • 店舗展開もなくネット通販のみから購入

販売側の無駄なコストをカットして、お客さんに還元してくれているわけですね。

テケオ
テケオ

逆にネット通販を使った事がない、抵抗がある方にとっては嬉しくないですよね。

しかし、時代が変わって、精密機器ですらネット通販での流通が普通になってきています。

対面販売ではなく不安かもしれませんが、コストカットできるので、実際は対面販売より安心保証が手厚いんです。

 

「よし!VOICEをネットで購入しよう!」という方は注意してください。

公式サイト以外からのネット通販の利用は危険がいっぱいです。

例えば「楽天」などでは正規の販売業者以外でも、商品の販売が可能なんですよね。

公式サイトの価格より数100円安く設定していたりして、購入した後に「メーカー保証なし」という危険性もはらんでいます。

テケオ
テケオ

リスクを回避するために、必ず公式サイトから購入しましょう。

当サイトではネット通販を使った事がない方でも購入できるように、ページ下部に購入の仕方を説明しています。

そちらを参考にして購入するのがおすすめです。

【スペック比較】VOICE vs タジマ製|フルラインレーザー墨出し器

「そもそもの精度が悪けりゃ意味ないよね?」

そんな声も聞こえてきそうですね(笑)

確かにどんなに「高精度をキープできますよ!」と言っても、そもそもの精度が悪ければ意味はないですよね。

そこで、VOICEとタジマ製のグリーンレーザー墨出し器(フルライン)を比較してみました。

レーザー墨出し器の精度比較(一部抜粋)

VOICE(VLG-8X) タジマ(ZEROGS-KJC)
料金 69,800円(税込) 【公式価格】335,000円(税抜)
【通販サイト最安値】219,000円(税抜)
ライン照射精度 ±1mm/10m ±0.81mm/10m
直角精度 90°±0.012° 90°±(2mm/7.5m)
自動補正範囲 ±3° ±2°

確かにタジマ製の方が精度は良いですが、値段に対してこんなものか。と思われた方も多いのではないでしょうか?

必要な条件を満たしていれば、VOICEで良いですよね。

タジマ(ZEROGS-KJC)を最安値で手に入れたとしても、VOICEならその値段で3つ買えちゃいますよ。

『VOICE』は精度狂いも少ないですし、手厚い保証も安価で受ける事ができるので、VOICEのスペックで十分と思われた人は即決ですよ。

VOICEを最安値で購入するために

ご覧いただいたように『VOICE』は中国製ですが、決して仕事で使えない方な粗悪品ではありません。

むしろ、他社製品より多少スペックが劣っても、安価で大丈夫というニーズを満たしているでしょう。

安く提供するためにメーカー直販の通販のみからしか購入できない点がネット通販に慣れていない方からしたら不安な点でもあると思います。

VOICEをネット通販で購入するには「公式サイト」「アマゾン」「楽天」「ヤフーショッピング」「monotaRO」の選択肢がありますが、公式サイトからの購入を強くおすすめします。

特にネット通販に慣れていない方は、本当に正規販売店が出品しているか判断できませんよね。

  • 正規販売店でないところから購入すると、保証の対象外になってしまう
  • 微調整のツマミがゆるいと悪評のあった、旧式VOICEが送られてきてしまう

このようなリスクを避けるためにも、公式サイトから購入した方が安心なのです。

「最安値で購入したい」と思う方にとって朗報なのが、どの通販サイトで購入しても基本的に価格は同じで、公式サイトでは期間限定のキャンペーンなどが開催されているので損することはありません。(2018年11月ではLINE登録で500円クーポンが配布されていました!)

テケオ
テケオ

公式サイトでの購入方法を丁寧に解説しているので、ネット通販に不慣れな方でも大丈夫です。

万が一の事があれば電話対応してくれるので安心ですよ!

VOICE公式サイトからレーザー墨出し器を購入する方法

  • 「通販を駆使できる若い人がいない!」
  • 「簡単って言われてもわからない!」

そんな人のために、めちゃくちゃ丁寧な購入までの流れを解説しましょう。

テケオ
テケオ

私のイチオシ「VLG-5X」を購入する流れになります!

1.公式サイトへ移動する

まずは公式サイトへ移動しましょう。

下記のボタンから公式サイトへ移動できるのでクリックしてください。

2.「購入手続きへ」のボタンをおす

VOICE公式サイト

VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器の購入を希望の方は、「購入手続きへ」をクリックします。

その他の墨出し器を購入したい方は「他モデルはこちら」をクリックして、専用のページに移動してください。

3.購入フォームを記入していく

ページ下の購入者フォーム

サイトのページ下にジャンプして、上記画像のような「購入フォーム」が表示されるので入力していきましょう。

追加のオプションが必要な人は忘れないように注意!

 

  • 配送先
  • 支払い方法
  • お届け時間
  • 備考
  • クーポンを使用する

などを記入します。

気になるお支払い方法ですが、『代引き』が対応可能なので年配の方でも心配ないと思います。

「クーポンを使用する」はLINEで友達登録したら、クーポンが発行されて500円分がすぐに使えます。

クーポン情報なしでも購入できますが、LINEをインストールされてるなら友達登録してお得に商品を購入しましょう。

 

入力が完了したら「購入する」をクリックしてください。

テケオ
テケオ

あとは入力情報を確認して、確定ボタンを押せば終了です!

もし何かわからないこと、不安なことが途中で起こった場合は、VOICE公式のカスタマーサービスに電話すると良いでしょう。

VOICEお問い合わせ情報
電話番号:03-5926-4465
対応時間:平日9:30〜17:30(13:00〜14:00不在)

おすすめ 『VOICE』のレビュー記事をみる

コメント