激安グリーンレーザー墨出し器『VOICE』の口コミ、評判|精度十分でフルラインモデルもあり

建築現場で欠かせなくなっている『グリーンレーザー墨出し器』。

ムラテックKDS製品やタジマ製品などが有名ですが、最近注目を集めているのが、『VOICE』というレーザー墨出し器です。

最大の特徴は価格の安さです。

10万円〜が相場のグリーンレーザー墨出し器が約4万円程度で購入できる激安っぷりですね。

高価な商品なのでコストを安く抑えたい小さい工務店だけでなく、大量導入を検討している大規模工務店にとっても魅力的な商品です。

 

「激安なのは嬉しいけど、精度とかは大丈夫?」

 

そうですよね。「安い」ってことは何か理由があるはずです。

実際に購入した後に使いづらい、使い物にならなかったら話になりません。そこで…

テケオ
テケオ

建築オタクの私が徹底レビューしたいと思います!

>『VOICE』の購入方法がわからない方はこちら

グリーンレーザー墨出し器VOICEは『買い』

最初に結論を言っておきますが、

グリーンレーザー墨出し器「VOICE」は問題なく『買い』です。

 

何が足りないかといえば「ブランド力」といった印象です。

  • 視認性の高いレーザー照射
  • 最新型の「ダイレクト方式」ダイオードを採用
  • 温度変化に強いジンバル式で精度が狂いにくい
  • 転倒、落下、蹴り飛ばしてしまう衝撃から守る「ラバーコーティング」
  • 高精度な微調整が可能なつまみ
  • 自動追尾ユニットの後付けが可能

など、レーザー墨出し器に必要な機能が揃っています。

『VOICE』の中で、もっとも投資対効果が高いと思われるのが5ライン グリーンレーザー墨出し器です。

人気のフルライン照射モデルではありませんが、5ラインが一番コストパフォーマンスが高いと思います。

とは言っても一番大事なのは、あなたの要望を満たしているかどうかです。

『VOICE』はグリーンレーザー墨出し器の中では圧倒的低価格なので、フルラインで揃えても良いかもしれません。

テケオ
テケオ

それでは、VOICEレーザー墨出し器について詳細解説してきたいと思います。

レーザー墨出し器『VOICE』とは

販売会社名 HEM合同株式会社(VOICE 直営公式販売店)
連絡先 03-5926-4465
お支払い方法 代金引換、クレジットカード、銀行振込、後払い
送料 無料
公式サイト https://voice-laser.com/

『VOICE』は建築現場で使用されるレーザー墨出し器のことです。

ライン数や色など合計6種類販売しています。

他のブランドより安く購入できる上、追加オプションで「自動追尾」なども可能にできる拡張性を合わせ持っているのが特徴です。

販売会社であるHEM合同株式会社はVOICEの直営公式販売店になります。

「VOICE」の代理店ではなく、自社ブランドの直販なので、激安価格と激安保証が実現できているというワケです。

レーザー墨出し器『VOICE』の種類|グリーンレーザーがおすすめ

レーザー墨出し器『VOICE』はグリーンレーザー4種類赤色レーザー2種類の計6種類のレーザー墨出し器が販売されています。

VOICEの商品一覧

引用 VOICE公式サイト

ご存知の方も多いと思いますが、レーザー墨出し器は赤色よりグリーンレーザーで、照射方向数が多くなる程、価格が高くなってきます。

VOICE製品の価格比較表

商品の型番 レーザーの色 ライン数 価格(税込)
VLG-8X 8(フルライン) 69,800円
おすすめ VLG-5X 5 39,490円
VLG-3X 3 26,070円
VLG-2X 2 21,440円
VLR-8X 8(フルライン) 26,240円
VLR-5X 5 17,470円

料金表を見るとグリーンレーザーの方が赤レーザーより高いことがわかりますね。

しかし、視認性がグリーンレーザーの方が圧倒的に良いため、グリーンレーザーの方が人気があるようです。

 

この傾向は墨出し器だけではありません。

例えばレーザーポインターなどは赤色が多いと思いますが、緑色のレーザーポインターなども発売されています。

サンワサプライのレーザーポインターの解説によると、緑色は赤色より8倍も見やすいらしいですよ!
参考 赤色より8倍見やすい!グリーンレーザーポインター

実際の比較画像をご覧になれば、一目瞭然なので下記記事からご覧ください。

なぜ『VOICE』をおすすめできるのか

現在、建築現場ではどんどん「VOICE」が普及しているようなんです。

価格が安いというのもありますが、使いやすさが伴っていないと普及するはずがありません。

そこで『VOICE』の強みポイント(メリット)を紹介したいと思います。

※画像の引用元は「VOICE公式サイト」になります。

ダイレクト方式のグリーンレーザーでこの安さ

テケオ
テケオ

私がVOICEのグリーンレーザーを推す理由は「ダイレクト方式」を採用しているのがポイントです。

グリーンレーザー墨出し器とは言っても「ダイレクト方式」と「変換方式」という2パターンが存在します。

「変換方式」というのは赤色のレーザーを緑色に変換して照射しているレーザー墨出し器で、安価なレーザー墨出し器に搭載されています。

しかし、構造が複雑になため精度が狂いやすいという致命的な構造上の欠点が存在するのです。

安いグリーンレーザーだとしても、変換方式はおすすめできません。

 

しかし、『VOICE』のレーザー墨出し器は半導体から直接緑色のレーザーが照射される最新型の「ダイレクト方式」を採用しています。

変換方式よりも高価ですが、耐久性に優れてランニングコストも低いが特徴です。

 

また、使用可能温度や連続使用時間にも違いがあるんです。

連続使用時間を比較

引用 VOICE公式サイト

「変換方式」は30分ごとにクールダウンが必要ですが、新型ダイオードは電源が続く限り照射し続けることが可能です。

テケオ
テケオ

私が一推しの「VLG-5X」は全照射時で約3時間も動作してくれるんです。

また、「変換方式」は構造が複雑なため、温度変化に弱いのが弱点です。対して新型ダイオードは、夏の暑さや冬の寒さの厳しい現場でも、問題なく明るいレーザーを照射してくれます。

対応温度の比較

  • 変換方式 -5℃〜30℃
  • ダイレクト方式ダイオード -10℃〜50℃

温度変化に強いジンバル式

ジンバル方式と電子整準方式の比較

VOICEでは電子整準方式ではなく、ジンバル式を採用しています。

温度変化に敏感な気泡をしようして精度に誤差が発生しやすい「電子整準方式」ではなく、重力を活用した自然原理で制御するジンバル式なので、精度が狂いにくいんです!

耐久衝撃ラバーコーティング

耐衝撃性のラバーコーティング

レーザー墨出し器の故障の原因は、転倒や落下などで衝撃を与えてしまったのがほとんどです。

しかし、ラバーコーティングを採用しているので、不意な転倒や蹴り飛ばしてしまっても本体から衝撃を守ってくれる仕様になっています。

ラインレーザーを採用

ラインレーザーとドットレーザーの比較

ドットレーザーはポイントを見やすくしたタイプのレーザーです。

ポイントが見やすいので良いように感じますが、レーザー光がポイントに集中してしまう事でライン部分の光量が弱くなってしまうデメリットがあります。

お好みはあると思いますが、ラインレーザーの方が無難ですね。

実際に比較した記事も掲載されているので、ご参考に見てはいかがでしょうか。

高精度な微調整つまみ

「VOICEはつまみが緩いんだよ」

 

VOICEの購入を検討していると、知人に相談したらそんな事を言われたりしませんか?

実はそのお客さんの声を反映して大幅に設計を見直しています。

今は緩みのないしっかりとした回転を実現し、より精密な微調整が可能になっています。

VOICEのスペック表

グリーンレーザー墨出し器『VOICE』がかなりコスパが良い商品だとわかっていただけたでしょうか?

また、VOICEのスペック表を見たい方はこちらから確認できます。

グリーンレーザー墨出し器「VOICE」のスペック一覧

VLG-8X VLG-5X VLG-3X VLG-2X
光源 緑色歌詞半導体レーザー515nm/地墨650nm
光出力 3.3mw以下
レーザー安全基準 クラス2M
水平精度 10メートルで±1mm
垂直精度 10メートルで±1mm
直角精度 90°±0.012°
制動方式 磁気制動式(ジンバル式)
自動補正範囲 ±3°
ライン幅 1.5mm/5m 3mm/10m
本体回転範囲 360°(全周に渡り微調整可能)
作業範囲 約10m/屋内 約25m/屋外(受光器使用時)
傾斜アラーム 本体傾斜角±3°でレーザー光点滅
防塵・防滴 IP54相当
電源 7.4V 1800mA
リチウムイオンバッテリー
単三アルカリ電池、
または単三充電池4本(別売り)
動作時間 約4時間(全照射時) 約3時間(全照射時) 約6時間(全照射時) 約9時間(全照射時)
作業使用温度 -10°〜50°
本体寸法 φ95mm x H200mm φ95mm x H195mm
本体重量 約1.4kg 約1.3kg

タジマ、ムラテック、マキタ製品と比較した場合

グリーンレーザー墨出し器「VOICE」についての特徴・性能は理解できたと思いますが、次に気になるのが他社との比較です。

テケオ
テケオ

わかりやすく、簡単に比較してみました。

初期コストが激安|精度は他社と変わらない

『VOICE』の方が1台当たりの費用が圧倒的に安いです。

もっともお勧めできる「VLG-5X」と同じ、グリーンレーザーの5ラインタイプで比較してみました。

グリーンレーザー5ライン料金比較

VOICE タジマ
(ZERO G)
ムラテック
(スーパーレイATL)
マキタ
(SK)
価格 39,490円(税込) 305,000円(税別) 90,000円(税込) 249,000(税別)
ライン照射精度 ±1mm/10m ±0.81mm/10m ±1mm/10m ±1mm/10m
備考 外付けで
自動追尾可能
自動追尾つき 自動追尾つき

VOICEの方が他社製品と比較すると料金が一桁安いです。

確かに自動追尾機能などがないということもありますが、自動追尾ユニット(別売)をつければ同じような機能を使うことが可能なんです。

値段差がかなりあるので、精度が全然違うのか?とも思いましたが、表の「ライン照射精度」をみると精度も他社に負けていません。

拡張時のコストが低い

レーザー墨出し器自動追尾ユニット VOICE AUTO BASE オートベース

グリーンレーザー墨出し器には『自動追尾』という機能が存在します。

作業の一つである地墨合わせを、一人で簡単に完了できる機能なんですよね。

他社製品は初回購入時にこの機能がついたレーザー墨出し器を購入する必要があるのに対して、VOICEでは『オートベース』を後付けすることで自動追尾が可能なんです。

しかも、赤色とグリーン両方に対応しているんです(受光器は別のモノが必要)。

 

しかし、オートベースは必要なレーザー墨出し器にのみつければ良いですよね。

高額機種の買い替えが必要な他社製品に比べ、外付けできることで圧倒的に安く拡張することができるんです。

製品保証の充実度が違う

VOICEでは保証終了後のメンテナンス費用を公式サイトで公開しています。

アンケートもとった結果、メンテナンス費用は業界最安値らしいですよ。

 

また、レーザー墨出し器は精密機器ですので、精度調整が必要になってきます。

理想は1年に1回、少なくとも1年半に1回は精度調整が必要になるんですよね。

そこでVOICEでは、購入後にも安心して使用できるように、アフターメンテナンスのコストを低く設定し、購入前に公開してくれているのです。

テケオ
テケオ

価格、精度、保証の全てで◎!

これを知ったら他のグリーンレーザー墨出し器なんて使えませんよ!

グリーンレーザー墨出し器『VOICE』のみんなの口コミ、評判は?

グリーンレーザー墨出し器『VOICE』の性能を確認して、他社製品を調べれば調べるほど、なぜこんなに価格で差がつくんだろう?と疑ってしまいますよね。

ぶっちゃけ私も良くわかりませんが、実際に使った人たちの口コミや評判を確認して問題なければ大丈夫だと思いませんか?

テケオ
テケオ

グリーンレーザー墨出し器が販売されている、楽天市場の口コミ、評判を調べてみました!

なんと楽天市場の4部門でランキング1位になった実績があるらしいです。

 

利用者の口コミ、評判はというと…

かなりの高評価ですね。

多くの方が『VOICE』で必要十分条件を満たしているのでしょう。

実際の口コミも見てみると…

国内メーカーの物と遜色なし。
届いてすぐに試した感じでは、会社で購入した定価16万のレーザーとほぼ変わりません。良い品です。FUKUDA製品のEK-468Gで購入を検討していたところ、レーザーが太いとのレビューが多かったので、迷っていましたが、後継機種のこの製品のカタログスペックが5mで1.5mmとなっていましたので購入してみました。スケールで大雑把に測ったところ、幅は約5mで2mm前後、会社購入の定価16万の物と大差有りませんでした ・・・
購入して良かった
墨出し器 は今回が初めての購入です。
基礎アンカー設置用の金属プレートの大矩を出すのに使用しました。
今までは遣り方の水糸を落として大矩を出していたのですが、
10M以上の距離だと強風時には水糸が振れて作業が出来ませんでした。
今回はグリーンレーザー墨出し器 のおかげで、
思っていた以上スムースに作業が進みました。
コスパに満足
今迄使っていた、レーザーが不調の為、ネットやレビューの評判を見て、購入を決めました。
商品はすぐ発送して頂き、お店の対応は早い!
早速、箱を開けると、結構ゴツいケース。
他のレビューにも有りますが、本体は重い!
グリーンレーザーは明るく、ロクやタチも水盛り管と下げ振りで確認出来ました。
ACアダプター付きで突然の電池切れにも安心出来そうです。 明日から現場で活躍してもらいます! コスパの良さに満足です。

こんな感じの高評価がズラ〜っとありますね。

誰もが言うのがコスパが最高と言う点です。

逆に悪いレビューは以下のようなことが挙げられていました。

壊れやすい。
何か点がおかしいよと言われて裏を見たらガラスにヒビが入っていた
なんじゃこりゃ・・・・!?!?!
水平しか使わなかったので気がつかんかった。
ズレるズレるズレる
レベルで使う際にズレてしまって、1度向きを変えて戻すと直るという現象が頻繁におきます。中でなにかに引っ掛かかってる?3、4ミリはズレるので、細かい作業には到底使えません。安い値段を考えても、それは無しだと思います。
縦の精度はちゃんと確認してませんが、真上だと2メートルくらいの高さでもラインが2本になっているので微妙です。
やはり高くてもしっかりした物を買ったほうがいいです!

悪い口コミを見ていて思ったのが、

テケオ
テケオ

不良品に当たってしまったのかな?

といった印象でした。

良いレビューの人たちが150~160件なのに対して、悪いレビューは10件程度です。

どのような経緯でそうなってしまったかわかりませんが、悪いレビューもかなり少数派の意見です。

保証制度も充実しているので「頻繁に不具合が出る」と申し出れば、無料でサポートしてくれた例もあるので問題ないでしょう。

一番激安な販売店は?通販でしか購入できない?

『VOICE』は実店舗で販売しておらず、100%ネット通販からになります。

 

購入先は「公式サイト」「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」「MonotaRO」から購入できます。

料金設定はどの通販サイトからでも同じなので普段使用しているサイトから購入しても良いですが、公式サイトからが一番おすすめです。

おそらくですが、この記事は40~50代以降の工務店で働く方が多いのでは無いでしょうか?

あまり通販サイトから購入した経験が無い方が多いと思うので、公式サイト経由で購入した方が何かトラブルが起きた時に対応しやすいです。

VOICE公式サイトからグリーンレーザー墨出し器を購入する方法

  • 「通販を駆使できる若い人がいない!」
  • 「簡単って言われてもわからない!」

そんな人のために、めちゃくちゃ丁寧な購入までの流れを解説しましょう。

テケオ
テケオ

公式購入サイトである https://voice-laser.comでお好みのレーザー墨出し器を購入しましょう!

1.公式サイトへ移動する

まずは公式サイトへ移動しましょう。

下記のボタンから公式サイトへ移動できるのでクリックしてください。

2.欲しい墨出し器やお得なセットを選択する

公式サイトに移動したら欲しいレーザー墨出し器を選択します。

テケオ
テケオ

この記事では、おすすめしていた5ライン グリーンレーザー墨出し器を選択、購入の流れをまとめました。

公式ページの下を見ていくと、オートベースと受光器がお得に購入できるセットもあるので見逃し厳禁です!(受光器が実質無料)

3.「購入手続きへ」のボタンをおす

VOICE公式サイト

VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器の購入を希望の方は、「購入手続きへ」をクリックします。

その他の墨出し器を購入したい方は「他モデルはこちら」をクリックすることで、該当商品の専用のページに移動することも可能です。

4.購入フォームを記入していく

ページ下の購入者フォーム

サイトのページ下にジャンプして、上記画像のような「購入フォーム」が表示されるので入力していきましょう。

追加のオプションが必要な人は忘れないように注意!

 

  • 配送先
  • 支払い方法
  • お届け時間
  • 備考
  • クーポンを使用する

などを記入します。

気になるお支払い方法ですが、『代引き』が対応可能なので年配の方でも心配ないと思います。

「クーポンを使用する」はLINEで友達登録したら、クーポンが発行されて500円分がすぐに使えます。

クーポン情報なしでも購入できますが、LINEをインストールされてるなら友達登録してお得に商品を購入しましょう。

 

入力が完了したら「購入する」をクリックしてください。

テケオ
テケオ

あとは入力情報を確認して、確定ボタンを押せば終了です!

もし何かわからないこと、不安なことが途中で起こった場合は、VOICE公式のカスタマーサービスに電話すると良いでしょう。

VOICEお問い合わせ情報
電話番号:03-5926-4465
対応時間:平日9:30〜17:30(13:00〜14:00不在)

コスパ最高なグリーンレーザー墨出し器『VOICE』を紹介しました

いかがだったでしょうか?

グリーンレーザー墨出し器『VOICE』を利用したことがない方は、ぜひ一度購入して試して欲しいですね。

これだけ安価で必要十分なグリーンレーザー墨出し器は本当に重宝しますよ。

あまり言いたくはないですが、高価な墨出し器って盗まれる危険性があるんですよね。

その度に追加購入、盗まれ、追加購入…

もう仕事なんてやってられないですよ。

でも『VOICE』であれば元々が安価な商品であるので、盗もうと思わないし盗まれてもまだマシですよね。

実店舗が無いのでインターネットからの注文しか無いので、40代後半〜50代以降の方は購入するのを少しためらうかもしれませんが、絶対にネットから買うべきだと思います。

先ほど説明した購入ナビに従って進めば購入できますし、電話サポートもあるのでビビる必要はありません!

公式サイトからVOICEを購入!

コメント