【TOEIC勉強法】3ヶ月でスコアを450点→800点近くにした俺のたった一つ勉強法を紹介しよう


大学生の就活のため、社会人昇進条件のためなどTOEICのスコアを伸ばしたいという思いを持った方は大勢いるでしょう。

私は大学院時代に3ヶ月ほどTOEICの勉強をして450点→785点にUPさせました。

3ヶ月でこれだけスコアを伸ばすことは一般的に厳しいかもしれませんが、かなりユニークな方法を実践して伸ばしたと自負しています。

この記事では私がどのようにTOEICをスコアを伸ばしたかの手法を書いていきたいと思います。

 TOEICを通じてどうなりたいか?

まず何のためにTOEICを受けているかお聞きしたい。

あなた
直近で試験があり、点数を取らないといけない!何とかしてくれ!
テケオ
申し訳ありませんが、そういう人に私の手法は向かないと思います。

何故なら私にとってTOEIC試験は、私の英語勉強の手法で英語能力が伸びたかどうかの確認作業だったからです。

英語の能力を伸ばしたいという意識でTOEICを受ける人には意味のある内容になっていると思います。

TOEICで何が測れるか?

ご存知の方もいると思いますが、TOEICにはリスニングとリーディングのみである。ライティングがありません。

そして、リスニングとリーディングに関しても完璧に理解しなくてもざっくり理解すれば点数が取れるようになっています。

イメージでは英語圏内に住んでいると、広告や看板が目に入ってきた時に「瞬時に内容を理解できるか?」とか、「電車や空港でのアナウンスを理解できるか?」といった日常生活における受け身の英語がどれだけできるか?を測っていると言えるでしょう。

TOEICの勉強の方針

「英語圏で日常生活に支障がない状態にすること」がTOEIC攻略のポイントです。

不可能なようで結構できてしまうものだと思います。何故なら、日本人であるあなたは、日本での生活に支障がないからだ。

だからあなたは勉強すれば必ず点数が必ず取れるはずですね。

この「必ずできる」と思うことが本当に大事。多分100%そう信じて頑張れる人は私や他の方の勉強法とかに関係なく、点数が取れると思う。

勉強方法

結論を言おう「ENGLISH JOURNAL」を読む。そして聞く。たったそれだけです。

この雑誌のリンク先とそこに記載されている説明が以下の通り。

『ENGLISH JOURNAL』は、著名人のインタビューや、すぐに役立つ特集、世界のニュース、ネイティブのトークなど、バラエティー豊かな英語が収録されており、楽しみながらオールラウンドな英語力を身に付けることができる学習情報誌です。
引用元: ENGLISH JOURNAL|アルク

ここで、TOEICは何ができれば良いのかを思い出してほしい。

「英語圏で日常生活に支障がない状態にすること。」

つまりENGLISH JOURNALは有名人やインタビューやニュースなど、英語圏で生活する人誰もが受ける英語を、シャワーのように浴びることができる。

しかし問題がある。全く英語がわからない人にとっては完全に呪文である。聞いた瞬間絶望するだろう。

だが悲観しなくても大丈夫。私もそうでした。そしてそれを乗り切った具体的方法を紹介しよう。

1.日本語訳をざっくり覚える

ENGLISH JOURNALは全ての記事に日本語訳がある。それをまずざっくり覚える。

内容を覚えておくことで、英語で何をしゃべっているか予測できるのである。

これだけでも大分変わる。

2.英語を真剣に聞く

内容をざっくり把握した後で英語を聞く。ひたすら繰り返す。何をしゃべっているかわからなかったら予測する。

これを根気強く繰り返す。

するとある時突然わかる瞬間がくる。もちろんその文章だけだが、日本語に変換しなくても英語で脳が理解してくれる。

ちなみに垂れ流すだけで良いとうたう教材もあるが、管理人はハッキリいって効率が悪いと思う。どう考えても集中して聞いた方が良い。「聞く」と「聞こえる」は全く違う。

3.1と2を繰り返す

ENGLISH JOURNALに掲載されている記事は1記事だけではない。1つの記事である程度できるようになったら、違う記事に移動する。そして繰り返す。

とりあえず繰り返す。何度も何度もだ。

これをまずは3ヶ月続けてみてほしい。最初はありえないほどレベルが高すぎて「これは無理。」と思うだろうが、自分を信じてやってほしい。

とりあえずJOURNALを1冊購入し、それだけひたすらやっても良い。

いろんな記事をみたい人は定期購読すれば良いだろう。

信じて3ヶ月やったら多分あなたはこう言うだろう。

あなた
俺、何も変わった感じしねぇけどw

多分こうなる。でも大丈夫。試験前は次の勉強をする。

4.TOEICテスト公式問題集をする

公式問題集を3~5回分くらいする。1回目が終わると、

あなた
リスニング喋るの遅いな。リーディングも何となく書いたけど、、、あんまり点数上がってないな。

2回目が終わると、

あなた
このパターンのリスニング問題は前もあったな。リーディングも同じようなのあったから多分これやろ。おっ点数上がったな。

3回目が終わると、

あなた
前より良い結果だろう。やっぱり、点数上がってるw

という感じになると思う。

やればやる程点数が上がるはず。ただ試験に慣れていないから最初は取れなかっただけなのである。

ある意味この「慣れ」が「試験のテクニック」である。同じパターンばかり聞いているので「多分こうだろう。」と正確に読めたり聞けたりしなくても、理解できるようになる。

最初から「試験のテクニック」ばかり勉強していた奴らを、公式問題集を3回解くだけで点数を上回ることができるだろう。

そもそもTOEICの「法則」とか「テクニック」とかは日常の常識からわかることが多い。例えば電車のアナウンスのパターンとかね。そんなの勉強しなくても知ってるでしょw

この勉強法に耐えれない人は?

私はこの方法でスコアを450→785まであげることができましたが、苦手な人にとって延々と英語を聞き続けるのは苦痛ですよね。

あなた
英語を聞くとどうしても拒否反応が出てしまう…

そんな人はまず英語に対する拒否反応を緩和する必要があります。その中でオススメのサービスをご紹介させていただきます。

1000時間ヒアリングマラソン

ALCの通信講座の一つです。

実は1000時間ヒアリングマラソンを購入すると、毎月English Jornalが送られてきます。考え方や手法はタイトルからもわかるように時間をかけてコツコツするスタイルです。

この講座に最も価値のあるのがEnglish Journalとは別に送られてくるテキストだ。

English Journalだけではストレスになってしまっても、このテキストがうまく作られており非常に勉強になる。そしてEnglish Journalも聴き続ける耐性もできてくる

テケオ
English Journalを聴き続けるだけが辛い人にはマジでオススメです。

実は大学時代の友人がこの通信講座を受講しており、私は彼からEnglish Journalを1冊もらって勉強したのでこのプログラムの凄さは実感しています。

ちなみにこの記事の手法の一部も彼から教えてもらいました。

私はやはりというか、3ヶ月の耐えたという意識が強くて785点で満足して辞めてしまった。しかし1000時間ヒアリングマラソンを達成した彼は12ヶ月間もEnglish Journalとテキストによるトレーニングを積んでスコアは920点まで上がっていた。

テケオ
なぜ耐えれたのか?

友人
ALCのテキストのおかげでストレスが軽減されたのでは。

そう答えていた。少々お高いが実績のあるALCなので、本気で取り組みたければ受講する価値のある通信講座です。

ただTOEICの点数を上げたい人でしたら、TOEICに特化したコースを受講した方が良いかもしれません。というか英語教材=ALCです。ALCは実績十分ですので間違いなく信頼できます。

1000時間ヒアリングマラソン以外にも目的別に細かくプログラムが設定されているので、ぜひ一度チェックして見てください。

レアジョブ

オンライン英会話の代表格である「レアジョブ英会話」です。

はっきり言ってコレだけでTOEICのスコアが上昇するとは考えにくいですが、英語に対する恐怖心・抵抗を軽減するためには最適なサービスだと言えます。

実際に私自身もレアジョブを体験したこともあります。

オンライン英会話レアジョブをTOEICスコア785の俺が無料体験した結果|アプリも使えておすすめ
先日iOS版のレアジョブがリリースされた?との情報をキャッチしました。 オンライン英会話に興味を持ったこともあり、何ヶ月か前に別のオンライン英会話サービスを使用した経験もあります。 が、レアジョブの経験はなし... ...

記事を見ていただくと、あまりTOEICのスコアと関係ないように思えますよね。しかし英語のスピーキング・リスニングを楽しめることができると言う点で最高のWEBサービスだということもわかっていただけると思います。

何と言っても『まずは無料で試せる』ので、かなりオススメです。

公式ページはこちら

ライザップイングリッシュ

「結果にコミットする」でおなじみのライザップ。体を鍛えるだけでなく、英語脳を鍛えて短期間で飛躍的に効果を発揮するのがウリです。

体を鍛えるライザップと同様に「専属トレーナー」がついて、あなたに寄り添って学習を進めてくれるので効果は絶大だと思われます。

さらに「無料個人カウンセリング」はもちろんのこと、「30日間無条件全額返金保証」という信じられない保証がついている。

これもライザップならでは。自信があるということなのだろう。

お値段は信じられないほど高いが(以下のリンクから確認してください)、30日間で納得できなければ返金保証を受ければ良いので、お金をかけてでも早く習得したい!と思う人はチャレンジする価値はあると思う。

⬇︎ライザップイングリッシュの詳細を確認する

【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

私のスコアを公開

記事公開と同時に「証拠を見せろ!」と言われたのでw

2011年でだいぶ昔の話ですけどねw今やるとどうなることやら(汗

追記:コメントよりトイッカー様から公開テストの結果が見たいとご要望があったので、掲載いたします。

こちらも同時期に受験

 

まとめ

私が3ヶ月でTOEICスコアを450→785まであげた勉強方法をご紹介させていただきました。

諦めないこと。繰り返すこと。

おそらくこの勉強方法は10人中9人は匙を投げると思う。それぐらい450点の人間には厳しい。しかし必ず成果は付いてくる。ダメ元でもENGLISH JOURNAL1冊買うくらいの価値はあるだろう。

AmazonでEnglish Journalをチェック

雑記
スポンサーリンク
Tekeoをフォローする
テケオは眠くても頑張るぞ!

コメント

  1. musicparty より:

    す、すごい〜?
    テケオさん、尊敬しました〜?
    ここで、テケオさん、元がいいんですよねって、言ったらダメなんですよねf^_^;
    本当に可能なのかな?
    テケオさん、ちなみに、学生時代は、何を専攻されていたんですか??‍?

  2. tektekeo より:

    ハーモニーさん
    コメントありがとうございます。
    大学は制御工学を専攻していました。
    ロボットとかですねw
    ちなみに英語は昔から苦手ですよ。中学校の定期テストとか60点くらいだった記憶が(汗

  3. musicparty より:

    なるほど〜?
    じゃあ、やっぱり、可能なんですね?
    私がやってみようかな?英語、全然ですが、英語の
    音は好きです(フランス語とか、音的に、あまり好きではないです(^-^;

  4. tektekeo より:

    実は私、音感が全然ないんですよね。
    なので英語のリスニングは本当に嫌で仕方なかったんですけど、当時はTOEICで420点分くらい聞けるようになりましたねw
    本当に努力と根性のみです( ^∀^)

  5. hachimitutan より:

    この方法は中学生レベルの知識しかなくても有効でしょうか?3ヶ月頑張ってみようかな…

  6. トイッカー より:

    TOEIC公式問題集に掲載されているのは過去問ではありません。本番を想定して作成された問題集掲載用オリジナル問題です。785点はIPテストの結果ですね。公開試験の結果も知りたいです。

  7. tektekeo より:

    ハチミツさん
    コメントありがとうございます。
    中学生レベルがどの程度かによるので何とも…
    私がTOEIC400点レベルだったので、その人なら有効かと?
    わからなければ一度受けてみたらどうでしょうか?

  8. tektekeo より:

    トイッカーさん
    コメントありがとうございます。
    TOEICの公式問題集って過去問じゃなかったんですね。訂正しときます。
    当時の私は過去問だと思って、友達から借りて勉強した記憶が…w
    仰る通りIPの結果です。
    結果を探してみたら、そのIPテストの1週間くらい前に受けた公開試験の結果があったので、掲載しました。IPと公開ってレベルの違いありましたっけ?