コンチェックは破綻不可避?|仮想通貨資産を安全に管理する方法は?

2018年1月26日にCoincheck(コインチェック)が時価総額580億円のXEM(ネム)の盗難被害にあいました。

コインチェックでのネムの取引だけではなく、日本円を含む全ての入出金が停止するという自体に陥り、コインチェックに入れていた資産がゼロになる可能性さえあります。

コインチェックは26日の23:30の会見を行って私も見ていましたが、現状では何も対応策がなくどうしようもない感がヒシヒシと伝わってきました。

顧客第一・事業の継続を目指すと会見ではおっしゃっていましたがかなり厳しいでしょう。

今回の事件において『仮想通貨は一切悪くない』という点で、コインチェックの管理・セキュリティに問題があったため起きた事件です。

ではどのようにしてご自身の資産である仮想通貨を守っていけば良いかをまとめてみました。

580億円外部流出の原因

簡単にいうとセキュリティがザルだったから

これで終わらせるのは簡単ですが、今回の事件を受けてどのようにご自身の仮想通貨を守っていくべきかが大事ですね。

コインチェックのビットコインウォレットなどはマルチシグ(複数の秘密鍵を使用することでセキュリティを向上させる技術)を実装したコールドウォレット(インターネットから切り離されたウォレット)を採用していたが、ネムに関してはマルチシグを実装していないホットウォレット(インターネットに常時接続されたウォレット)だったという。

引用元:CNET JAPAN

ホットウォレットとコールドウォレットの違いは以下の通り。

ホットウォレット コールドウォレット
特徴 ネットワーク上で管理 オフラインで管理
長所 送金時にすぐ送金可能 オフラインなのでハッキング不可
短所 オンラインなのでハッキングリスク大。 送金に不便。鍵管理が大変

コインチェックの事件はホットウォレットを使用していた為に起こったものです。

技術的な管理がめんどくさく、利便性がなくてもコールドウォレットを使用していれば盗難事件はなかったでしょう。

Twitterでの反応

専門用語などを理解していない人には難しいかもしれませんが、『ありえない』というレベルのずさんな管理でした。

仮想通貨を安全に管理するためには

前述から『コールドウォレットならば安全』ということまでは認識いただけたと思います。

あなた
コールドウォレットで管理している取引所を探せば良いのでは?

その通りだと思います。ではその取引所とはどこなのでしょうか?

テケオ
ぶっちゃけわかりませんw

実際に企業がどのように管理しているなんて、私たちが知りようもありません。

今回のコインチェックも『当然コールドウォレットで管理している』という認識だったので、セキュリティ意識の低さを非難され、糾弾されるのは当然のことです。しかし、非難しても資産が返ってこなければ意味がありません。

現状できることは『リスクを小さくする管理』だと思われます。

分散して管理する

1つの取引所のみに集中して所有するのではなく、分散して所有しておくことです。

今回のコインチェックの事件でも、「DMM Bitcoin」「Zaif」「bitFlyer」といった他の取引所も併用して使うことです。

分散管理のメリット

  • 仮想通貨の盗難にあってもインパクトを小さく抑えれる
  • 取引所の長所を生かした取引ができる(取扱仮想通貨・手数料など)

分散管理のデメリット

  • 複数の取引所での管理が面倒

複数の取引所を併用することで、今回の様な事件があっても損失を抑えることができますし、複数開設しておくメリットは他にもあります。

取引手数料や扱っている仮想通貨はそれぞれの取引所によって異なるので、その長所だけを活かすことで手数料などの損が少ないトレードが可能です。

「Bitcoinしか買わないから〜だけ登録しとけば良いか」と思わず、多く開設しておいたほうがメリットは大きいと思います。

逆に分散して管理するのは非常にメンドくさいです。

しかし今回の事件で、企業のセキュリティだけに期待していては全資産を失ってしまう可能性があることが実感できたとおもいます。

メンドくさいからという理由で避けれる損失をくらうだけの人はただのバカです。

また、短期的な売買を目的とした方なら分散しても意味はないかも。ただし、取引が完結したらすぐに出金したほうが良いかもですね。(コインチェックは日本円の出金も停止しました)

ハードウェアウォレットで管理する

ハードウェアウォレットはビットコインを始めとする暗号通貨を安全に管理するデバイスのことです。

ビットコインやイーサリアムなどを取引所に置きっ放しにすると、ネム不正流出の様にハッカーに盗難される危険があります。

しかし、ハードウェアウォレットは注意が必要(後述)ですが、オフラインの状態で管理するので安全です。

コールドウォレットと同じ「オフライン」ですが、大きく違うのがご自身でオフライン状態を確認できることです。

ただし、1点注意する点が『必ず公式サイトで購入すること』です。

以下の記事を見てみてください。

暗号通貨の保有金額が多くなると、ハードウェアウォレットの導入を考える人が多いと思います。 みなさん、ハード

ハードウェアウォレットをAmazonで購入して仮想通貨を入れると盗難されたという被害があったのがわかります。

これは悪意のある人物が事前に細工をしていることで、ハードウェアウォレットに保管されると不正送金されるようになっていた模様。

公式ページでの購入は海外からの送金手数料などで、異常に高いと感じるかもしれませんが、安全面を考えると高く払っても良い品だと思います。

公式ページへ

まとめ

  • コインチェックのネム不正流出事件のセキュリティのザルさを簡単に説明
  • リスクに対応するには分散管理すべき
  • ハードウェアウォレットは安全だけど購入先は気をつけて

ビットコインが高値をつけてからの歴史的大暴落。そして今回のコインチェックのネム不正流出事件。

同じ様な事件が起きてもリスクを小さくするために、長期のポジションを考えている人は複数の取引所を開設・資産を分散させてみてはいかがでしょうか?

また、明らかに仮想通貨市場はパニック状態であり、今回の事件で『ハードウェアウォレット』の需要は高まると思います。

慌てて身元のわからない通販でハードウェアウォレットを手に入れて、盗難にあわないように十分に注意しましょう。

シェアする