【レビュー】Artifit Qiワイヤレス充電パッド|Youtubeの視聴が楽になるスマホスタンド

現在のスマホは、ケーブルを差し込んで充電するのではなく、ワイヤレスで充電できる「Qi対応機種」が普及してきています。

充電ケーブルを差し込むだけの手間が省けるだけなので、不要だと感じる人も多いと思いますが、使ってみると案外良いもんでした(笑)

テケオ
テケオ

Amazonで購入したので、実体験レポしたいと思います。

Aritifit Qi ワイヤレス充電パッドの実体験レポート

パッケージ外観

中国製のワイヤレス充電器ですが、比較的安価でシンプルなデザインが気に入ったので購入。

お値段は2,380円でした。

パッケージもかなりしっかりした綺麗な箱に入っています。

内容物が「ワイヤレス充電器」と「Type-Cケーブル」が入っています。

中身をチェック!

【おもて面】

【うら面】

「重厚感のある黒」って感じですが、触ってしまうと指紋が結構目立ってしまう感じです。

裏面にある滑り止めは、家庭用で使うならば十分なグリップ力があるように感じます。

角度調整や平面でロックする機能も

Qiワイヤレス充電器の一番安価なタイプは1,000円ちょっと。

今回購入したArtifit のように2,000円を超えてくるタイプは、角度調整ができるようになるものが多い印象です。

30°〜70°で調整できます。

無段階調整のように扱えるのですが、明確な固定感はないので、すこし不安に感じる面もありました。

しかし、実際に使ってみると、必要十分の保持力はあったので慣れればなんとも思わないです。

高さ調節も可能

高さのあるスマホにも完全に対応しています。

びっくりしたのは全っく安っぽくない点

個人的なイメージですけど、こういう商品ってスムーズに伸びなくて詰まったりすると思いませんか?

めっちゃスムーズに伸び縮みしてくれます。

 

平面で置いて使うことももちろん可能ですが、不注意でボタンを押してしまうトラブルを想像してしまいますが、ロック機能がついているので心配なし。

実際に置いてみた

横向き

縦向き

最近はYoutubeでカジサック(@kajisac_onashas)の動画を見ることが多いので、それ向けに使ってみました。

30°〜70°の角度調整が可能なので、自分に適した角度でカジサックを見ることができます(笑)

私としては必要十分条件を満たしているといった感じでした。

 

若干気になったのが「スマホをたてるための溝の幅」ですね。

私はアルミフレームを装着してつけていますが、基本的には問題なく使えます。

しかし、カードケース付きやメモ帳型のスマホケースを利用していると、立てかけるのは少し難しい気がします。

 

平面でも充電可能

もちろん、平面でも充電することが可能です。

 

100%傾けて利用 or 100%平面で利用する人は、1000円ほど安いワイヤレス充電器がありますが、どちらのパターンも使いたい人には嬉しい商品だと思います。

割引キャンペーンもあるので狙い目!


参考価格では3,240円となっていますが、 常に何円か割引キャンペーンを実施している印象がありました。中国製の商品あるあるですが…

テケオ
テケオ

私が購入した時は、900円引きの2,380円でした。

他のワイヤレス充電器より、汎用性が高いので、多少高くても購入しようと狙っていたんですよね。

Ankerとの比較

記事を書いた時は400円引きの2,880円でした。

Amazonベストセラー1位のAnker Power Waveとほぼ同値で、基本性能もほぼ一緒ですが、レビュー負けしてる印象です。

デザイン的にAnkerを選びたい人もいると思いますが、コスパだけを考えると完全にArtifit Qiワイヤレス充電器です。

 

が、、

 

4月5日の午前1時25分〜午前9時25分のタイムセールで1,690円で販売するらしいのです。

テケオ
テケオ

はよ言ってくれよ。

深夜〜早朝のタイムセールですが、通常価格の50%OFFなので圧倒的に破格の値段!

平面でも傾けてでも使えるワイヤレス充電器で1,000円代は、他にはみた事ないですよ。

コメント