30代独身男性で年収100万円でも勝ち組?【実は自由で最高です】

30代・独身・男性・年収100万円…世間的には『詰み』ですよね。

特にコロナの影響で失職、将来に向けて不安を募らせる人は多いのではないでしょうか?

「あぁ、もう終わった」と思っている人はちょっと待ってください。

僕は年間100万円あったら楽しく生きていけます。想像だけで悲観的になってると損しますよ!って事をお伝えしたい。

そこで、

TEKEO
TEKEO

2019年の僕の支出を例に、年間100万円で生活した内容を赤裸々に語りたいと思います。

年間100万円で生きていけるカラクリ

まず、2019年の個人的な支出はガチで100万円くらい

これからその支出内容を紹介していくのですが、

人によっては「そんなのは不可能」「自分にはできない」ものもあるとは思います。

TEKEO
TEKEO

あなたにも使えそうなヒントだけでも持ち帰ってくれたら嬉しいです。

その1.実家に帰省し、パラサイトしている

実家に頼る

■家族構成■

  • 父親(60代)
  • 母親(60代)
  • 自分(30代)

という3人家族。

以前は名古屋で一人暮らししており、月10万円程度の支出がありましたが、今は毎月3万円を渡すというルールで実家に住んでいます。(電気・ガス・水道・ネットが使い放題 + 食事付き)

「実家には頼りたくない。一緒に住みたくない」と当時は思っていましたが、1年過ごしてみると、その気持ちのためだけに年間100万円近くも捨てるのはアホだったと思えるようになりました。

集団生活をするほど一人当たりのコストは下げれるので、実家に戻ったりシェアハウスに住むのも良い手段でしょう。

家族間でのいざこざや不都合もありましたが、考え方や工夫ひとつで解決したりするので、頼れる実家があるなら頭を下げるのも一つの手段です。

その2.仕事はネットで完結

ネットでの仕事はたくさんある

普段の僕は自室に引きこもって、Youtubeやマンガを見ながらだらだら過ごしている、いわゆるニート生活です。

とは言っても、収入がなければ生きてはいけない。

アフィリエイトしたり、Youtubeしたり、ココナラやランサーズで簡単な仕事で収入を得ていました。

全然センスがないので月数万っていうレベルをかき集めてる感じでとても不安定です。

ま、人によっては『仕事』と言えないと思いますが(笑)

しかし、だからこそ実家で引きこもり生活ができているというもの。良い時代になったもんだ。

リモートワークが増えてきたら、こういった働き方を考え始める人も多い気がします。

その3.無駄だと思うことにお金を使わない

  • 綺麗でトレンドにあった服
  • 飲み会などの外食

ほとんどお金を使ってません。

下着は2~3年くらいのスパンで買い変えてますが、アウターとかは10年プレイヤーが多いです。間違っても新品のブランド服は買いません。(外出用はちょっと良い中古とか)

また、幸か不幸か友達がいないので友好費がかかる事もありません。(寂しいですがw)

基本的に衣食住がある程度満たされているので、全く支障はありません。

ただし、自己投資のお金は使っています

  1. Kinlde本の購入
  2. オンライン英会話学習
  3. WEB系のプログラミングに必要な知識とか

合わせても年間で5~6万円くらいです。

その4.娯楽はできる限り安く済ませる

今までの生活を聞くと「修行僧」に見えるかもしれませんねw

でも今の世の中って安く楽しめる娯楽がたくさんあります。マンガアプリやYoutubeは無料で見れるし、Amazonプライムビデオ、Netflix、U-NEXTとかなら月額1,000円未満で楽しめます。

結局、年1万円くらいで済むので全然出費がかさみません。

 

基本的な娯楽は問題ないのですが、僕の場合は性欲を満たすためにお金を使いました。

ぶっちゃけ、セフレに使うラブホ代+ご飯代が一番高かったです。

やっぱりずっと一人で悶々と仕事をするなど不可能!という事で風俗に行こうかと思った時期もあったのですが、経済的な負担が大

時間に融通が効く生活がメリットですから、複数人のセフレを作って昼間とかに遊ぶことが多かったですね(1回6,000円前後で、頻度は月2くらい

年間支出のまとめ

住居費:36万円

自己投資:約6万円

娯楽費:約13万円

国民年金+健康保険:約20万円

所得税:約6万円

小規模共済年金:30万円

合計:約111万円

こんな感じで、111万円の支出という感じ。

100万円オーバーしてしまいましたが、年金・健康保険・税金関連で56万の出費だし、小規模共済年金は任意なので全カットも可能。

一番大事なのが、毎月実家にお金を入れること。親からしても「なんかしてお金を稼いでいるアピール」になるし、パラサイトしていても免罪符的な役割を果たしてくれる。

個人的には冗談抜きでセフレめっちゃ大事です。いろんな意味で発散できるので我慢するより遊んだ方が生活の質は良かった気がします。

捨てたもの、そして得たものとは?

こういった生活をしていると数少ない友人から、「自由で羨ましい」という意見や「自分は耐えれそうにない」という意見など様々です。

パッと見は自由気ままに生きている感じですが、僕なりの覚悟を持ってこの生活をしています

TEKEO
TEKEO

この生活のために捨てたもの、得たものを紹介したいと思います。

社会的地位は捨てた

個人事業主で小銭をかき集めるような生き方をしてるわけなので、社会的な信用は皆無と言えるでしょう。

人は学歴・職種・会社など「ラベル」を見て判断し、マウントを取って、自分が重要な存在だと確認したい生き物です。

でも、

一回きりの人生をこのラベルの為に生きることは本当にアホだと心底思ってます。(と、いうか思えるようになりました)

↑こう思えるかどうかが、僕のような生活ができるかどうかの8割くらい占めてる気がする。

付き合わない、結婚しない(子供はいらない)

「社会的地位」と相関性は高いですが、女性側から見て付き合ったり結婚対象から外れます。

ま、それは仕方ないのは当然なんですけど、付き合ったり、結婚する気は全くありません。

個人的にですが、世の中の女性の多くは「自分を守ってくれる(生かしてくれる)相手を探している」と思っています。

なので、

社会的・経済的な観点から見ても、守り切れる自身は全くないですから。

中途半端にイキって「お前を一生守る」という言葉は死んでも出てこないと思います。(笑)

情けない話ですが「守り切れない」ので子供が欲しいという感情も全くありません。自分の身を守れるかもわからないこの時代ですから。。。

 

ワンチャン、自分がやってる事が大金に変わったとしたら、十分な経済力が備われば結婚とかも考えるとは思います。

ぶっちゃけセフレがちょうど良いですw

時間だけはめちゃくちゃある

ニートみたいなもんですからねw

時間だけはめちゃくちゃあります。

  • Youtube見るのか
  • マンガアプリでマンガを読むのか
  • エロ動画を見るのか
  • Youtube投稿する動画を作成するのか
  • ブログを更新するのか
  • 外注作業をするのか
  • 新しい技術・知識を勉強するのか

何をするかは自分で決めれます。

この時間をどう使うかは自分自身が100%決めれるので、『自己責任』を直視することができます。ある意味逃げれない苦痛になりますが、個人的にはそっちの方が自分の人生に納得できる印象です。

貯金額は増えた

個人的な支出は年間100万円ですが、貯金額は+200万円でした。

昼間からマンガアプリを読んだり、Youtubeを徘徊したり、DMM英会話でナンパっぽい事をしたり、アダルト動画を見たり、セフレと遊んだりとロクな時間の使い方をしてませんけどw

(ちなみに、健康保険や年金、小規模共済年金、税金関連は全て支払済で計算しています)

一応、個人事業主として最低限の保険や年金にも入ってるし、これだけ遊びながら+200万円だったら幸せな生活してると自分でも思います。

将来の不安について聞かれる事もあるけど、中途半端な企業に転職して無理に働くよりよっぽど安定している。

周囲からの評価を捨てれば悩みはなくなる

僕が年収100万円で生き抜ける方法をご紹介しました。

周囲からの評価面でのデメリットは大きいですが、それ以外ではメリットの方が大きいと感じるのがぶっちゃけた所ですね。

僕自身、「周囲からの目」が気になるタチだったので、今の考えに至るまでかなりの葛藤がありました。

でも割り切れた瞬間、パッと世界の見え方が変わった気がしたんですよね。

 

コロナの影響で職を無くし、貧困に苦しむ人が増えるでしょう。また、僕のような独り身には「社会からの孤立」を強烈に感じて精神的にヤラれるかもしれません。

でも、

「生きる」という事だけであれば、100万円あればなんとかやっていけるし、空いた時間をどう使うかは自分の自由なんです。

逆に「自分が自由である」という事を自覚し、そのメリットを活かす生き方を考えれば活路が見出されるかもしれません。

TEKEO
TEKEO

僕は年収100万のままで良いとは思いません。

でも、表面上は年収100万の生活をしても、楽しく成長している事を自分が実感できる始めると、他人を気にせずに生き抜く力になるような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました