テケオは眠くても頑張るぞ!

面倒くさがりの雑記ブログ。便利なサービスや製品紹介、ブログのカスタマイズ方法などを中心に書いてます。

飲食店から破棄される食品を定額で食べられる!お店側のメリットは?【Reduce GO】

f:id:tektekeo:20171008143547j:plain

レストランやパン屋さんでは毎日ある程度の食品破棄が絶対に出るようです。

もったいない。どうせなら安く食べたい、飲みたい...

そんなサービスがローンチされようとしています。その名も「Reduce Go」。

食費を節約できてかつ美味しい食べ物を食べることができるという夢のようなサービスです。

具体的なサービス内容、場所、利用金額そして店舗側の旨味を調べてサービスが続くかどうか調べてみました

Reduce GOとは

reducego.jp

冒頭でも述べましたが、店の破棄を毎月定額でもらうことができるサービスです。

2017年10月8日ではローンチ前ですが事前登録中止になるほどの注目っぷり

しかし、上手くいくかは懐疑的な意見も多いですね。店側にとって「Reduce GOのために売れない(破棄されるまで客が買わない等)」VS「破棄のコスト」って感じですよね。

どちらをとった方が得をするか?場所や店舗によっても違いがありそうです。

サービス範囲は東京23区のみ。私は名古屋に住んでいますので恩恵は受けれず...

サービスが上手く行って名古屋展開を希望しております!

月額料金1,980円で利用できて毎日2回まで注文が可能とのこと。

2回までと書いていますが、1回のカウント方法が気になるところですが...

登録店舗

具体的にどう行った種類のお店が登録しているのでしょうか。

  • レストラン
  • パン屋
  • 珈琲屋

主に挙げられるのはこのような店舗ですね。私は無類のパン好きなのでどうしてもパン屋から商品を頂きたいところw

もっとニッチな分野でも活躍してくれそうなサービスな気がします。

店舗側の「Reduce GO」での旨味とは

食べ物をもらいたい人たちにとって関係ない話かもしれませんが、WIN-WIN-WIN(店舗-ユーザー-運営)の関係でないとサービスが続きません。

少し気になったので公式ページの「飲食店様向け資料」を見てみました。

いろんな場面で利用できる

お店側も過去のデータなどから事前準備を行なっていますが「仕込み過ぎ」「発注ミス」「団体予約キャンセル」などスクランブルな状況が存在します。

そういったケースでは非常に役にたつと思います。

今まで100%負担だったものがReduce GOのよって緩和されることは目に見えています。

さらに、どれだけ精度の良い事前準備をしても「廃棄」は必ず生まれるでしょう。

運営側が提示しているモデルケースの一例がこちら。

f:id:tektekeo:20171008134934j:plain

Reduce GO提示のモデルケース

これが本当ならマジですごいです。

特に小規模な小売店で年間48万円も変われば全然違います

「経営難で店を畳まないといけない」といった人たちは減るでしょう。

ただし、上手く行ったら...ですけど。

新規顧客の開拓ができる

今まで行ったことがない店でも「Reduce Go」を通じて常連客になってくれる可能性があります。

確かに今まで広告を出してお客を読んでいたのが無料でできるってことですよね。

これもお店にとっては非常に嬉しいですね。

個人的な意見

運営側が提示するメリットだけを見ると良い事づくしですが、このサービスが成功するかどうかは「場所」がかなり重要になってくるだろうと思います。

具体的には「場所」というより「その場所を利用する可能性がある人達」によると思います。

例えば「Reduce Go」というサービスがローンチされると

「破棄まで待ってもらった方が得だから待つ!普通に買う必要がない。」

という発想になる人が多ければ絶対サービスは続かない。そういう人たちが多ければ多いほど「破棄まで待つ」という流れができてしまいそうです。

「普通は買うけど、余ってるならもらう。」

といったスタンスの人が多ければ、売り上げは維持できて新規顧客流入も見込めるかもしれません。

その地域の人間性を問われるサービスな気がしますw

Reduce Goの展開が期待できる理由

私自身このサービスを利用したいと思って調べてみて思った事は

サービスを利用するにあたって「お店側の導入」と「ユーザー側の利用」が簡単でシンプルという事です。

つまり「WIN-WIN」が確認できれば爆発的に拡大する可能性を秘めていると思います。

ぜひ東京23区で上手く行って名古屋展開してきてほしいです。

まとめ

  • 食品破棄を毎月定額でもらうことができる「Reduce Go」を紹介した。

個人的にはすごく面白いサービスだと思ってみています。

ローンチされると多かれ少なかれ問題が出るとは思いますが、是非それを乗り越えてなんとか名古屋まで展開してほしいですw

公式ページだけではなく、Twitterで情報が流れてくるのでフォロー推奨ですね。

Reduce GO【公式】 (@ReduceGO) | Twitter