テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

収益面においてAMP導入はデメリットのみ|ASPが限定されるだけ

f:id:tektekeo:20171111101825j:plain

AMP(Accelerated Mobile Page)配信をし始めて1ヶ月が経過しました。

AMPとはモバイルのページが高速で表示可能な機能ですが、

  • デザイン性が損なわれる
  • JavaScriptの使用が禁止されている

といった理由から導入すべきでないという結論が多い印象でした。

当ブログは「はてなブログ」で運営しております(2017年11月11日現在)。

AMP配信が可能でAMP用のCSSが使えるので

ブログのデザインは改善されてJavaScriptなしでもなんとかなるのでは?

と思いAMP配信を始めてみました。そこで初めてわかったことをまとめました。

AMPを導入すべきか?

結論を言うと導入しなくて良いですね。

ただし「デザインが損なわれる」「JavaScriptが使えない」のが原因ではなく「AMP対応したアフィリエイトASP」が少なすぎることが致命的でした。 

逆にデザインは損なわれないし、JSがなくてもなんとかなる印象です。

あくまで当雑記ブログに関しての話ですが...

デザインは損なわれるのか?

個人的には当ブログのデザインは十分だと思っています。

そしてAMP用のCSS編集が可能であれば見た目をほとんど同じにできます。

※スマホからの閲覧をオススメします

参考になりそうなページのリンクを上記に掲載しました。

当ブログで使用する「色」「吹き出し」「カエレバによるリンク」などのデザインも通常のページに負けないぐらいの仕上がりではないでしょうか?

現状でAMPを導入してもデザイン面のマイナスはほぼない(と思ってます)。

JavaScriptが使えないけど...

これをクリアするのが結構大変だったけど、JSなしでもなんとかなるイメージです。

私が通常ページでJSを使用してしていることは

  • グローバルナビの設置
  • ソーシャルボタンの設置
  • 広告の自動挿入

以上3点。

グローバルナビに関しては完全に表示されませんが「誰か使ってるのか?」と言うレベルなので無視しても問題ないと判断。

ソーシャルボタンは「はてなブログ」が良い感じのボタンを設置してくれていたので。あと検索流入を狙うなら重要度は低いと判断。

f:id:tektekeo:20171111083024j:plain

はてなブログAMP用ソーシャルボタン

最後に広告の自動挿入AMPではAdsense広告を記事に内に書く必要があります

これがやばい程めんどうなのでAMPを断念した人も多いのでは?

私もめんどくさかったのでコマンド一発で解決するプログラムを作りました。

www.kouritsu30.com

この段階から少し改良を加えたりして

  • 記事の上下と中央部にAMP用広告を貼り付け
  • 記事の一番下にAMP用関連コンテンツ広告を貼り付け
  • AMP用のページで文字の色を反映

など面倒な部分を楽に解決できる状態になったので、JSなくてもなんとかなるもんだなと思ってます。

AMP対応のアフィリエイトASPが少ない

個人的にはこれが一番辛いところですし、収益重視のブログを運営したい人にとっては最悪のニュース。

直接問い合わせたら「対応してません」とか「保証できません」といった回答が非常に多く...

aタグだけで判断してそうなものとかAMPでも使えるでしょ。と思っていましたが結構使えないものが多かったですorz

逆に対応しているASPしか使わない人にとっては関係ないですけどw

ASPさんの対応状況がこちら(メールなどで確認済み)

バナー+テキスト対応済み

バナー対応+テキスト動作保障できない

  • A8.net (テキスト対応検討中とのこと)

テキスト対応+バナー不可

バナーもテキストも不可

こんな感じ。私はよく「A8.net」と「Smart-C」を使いますが、多分はてなブログのAMPページからは収益出ないと思いますorz

Smart-Cとadcropsのテキストリンクは大丈夫だと勝手に思い込んでいました。

アプリ関係の記事とかマジで最悪だな...AMP対応のアプリ案件扱ってくれてるところはないのかな?

他のASPさんにも聞いてるけど返答待ちの状態で現在確認できてるのが以上です。

ちなみに「カエレバ」でAmazonアソシエイト楽天アフィリエイトを使っているものはたぶん大丈夫だと思います。

 

どうでも良い話だけど「お問い合わせの対応の早さ」ってすごい重要だと思ってしまった。特にLink-Aではチャットで対応してるのでめちゃくちゃ早かったです。

マジで神対応かと思った

AMP配信による変化

それではAMP配信1ヶ月間でPV数や広告収益などの変化をまとめていきます。

当ブログのAMPページがほぼ全てインデックスされた2017年10月10日を境目に前後1ヶ月間をGoogle Analyticsのデータなどを基に比較してみました。

ちなみにモバイルからの約50%はAMPで表示されていました。

※PV数と直帰率の参考データは検索流入のみ

PV数 

検索流入のみで比較。前の1ヶ月間は「Google砲」での上振れあり。

11,434PV→12,275PV

ほぼ横ばい。増えてはいますが別になんとも言えない感じです。

直帰率

2%程ダウン

もともと直帰率の高い雑記ブログなのでこの程度で済んだかも。特化型サイトなどでAMP配信するとやばいかもねw

Adsense収入

こちらは10月10日からの1ヶ月間で「AMP用の広告」「通常広告」のページRPMを比較してみるとほとんど変わりませんでした。

PV数相応に出ています。

他の広告収入

前述した通りカウントされないASPもあったので、少し減ってたのかもしれない。

真偽の程はわからず...

 

こんな感じです。

ぶっちゃけ何にも変わりませんでしたw

総合的にみるとメリットはないけど、デメリットになるリスクだけ背負ってる感じです。

まとめ

  • AMP配信での問題点や対策
  • AMP対応しているアフィリエイトASPが少ない
  • AMP配信を始めて1ヶ月のPV数や広告収益など報告

AMP配信することでの効果はないけどアフィ収益減るかも。

というのが率直な意見です。検索流入数が劇的に増えたりしたらそれなりのメリットも生まれるかもしれませんが。

ただユーザー目線では便利な機能だと思います。表示速度めっちゃくちゃ速いので。

なので収益面を度外視して「ユーザーのため」だけを考えたらAMPは良いかもしれません。

できれば使いたいと思ってましたけど、やめようかどうか迷ってます。

以上です。ご参考になれば。