テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

ツイッタ―のリツイート機能を使ったプレゼント企画って当たりあるの?

f:id:tektekeo:20170906191911j:plain

最近ツイッタ―をしていると、「リツイートしてくれると、抽選でプレゼント!」チラホラ見かけますよね。

でも、私としては自分が本当に抽選されているか、ちょっと懐疑的なんですよ。

その理由を記事にまとめてみました。

追記:当初「無理そう」と結論づけていましたが、「できそう」です。当初誤った結論を投稿していまい、申し訳ありません。

また、id:kw5様とid:tockthey様にはご指摘いただきありがとうございます。

 

Twitterでリツイートするだけでプレゼント抽選とは

見たことがある人ならわかるとおもいますが、ツイッタ―のタイムラインでこんなツイートを見かけるときがあります。

Youtuberヒカルさんの場合を例に挙げてみます。

リツイートするだけでPS4が当たるチャンスらしいです。すごいですねw

プレゼント企画が不可能だという声

 ツイッタ―でこんなツイートを見つける。

確かにそうなんですよね...

まあ、厳密には、どのタイミングでリツイート情報を取得しているかがわからないので、応募締め切り後の100コだけじゃないかもしれないですけど...

どういう事かと言うと、

Twitter APIでリツイートしてくれた人を調べる流れとしては

  1. リツイートしてくれた人の情報を教えてくれと頼む
  2. リツイートに関しての情報を返してくれる

の2ステップ必要なんですよね。

 

つまり、リツイートした瞬間にプレゼント企画側にリツイートした人の情報がいくわけではないんですよ。

あくまで企画側が「リツイートしてくれた人の情報を取得したい」っていう行為が必要。

常に動いていれば(常時APIクロールする)いいんじゃね?

プレゼント企画側が情報を要求した時だけ、取得できることはわかった。じゃあ、常に要求した状態にすればいいんじゃね?

と考える方もいると思いますが、それは不可能です。

TwitterにはAPIの使用制限があります。

なぜかって?

常に使われてはサーバーに負荷がかかりすぎます。サイバー攻撃ですよ。

 

つまり、どんなに頑張ってリツイート情報を取得しようとしても、ヒカルさんのようなリツイートがめちゃくちゃ多いプレゼント企画では、企画側に情報が行ってない可能性が高いんですよね。

リツイートでのプレゼント企画って全部ウソなの?

一概にそんなことは言えません。

リツイート数が少なければ、APIの使用制限にひっかからず、全員を把握した上で抽選できる可能性も十分にあります。

プレゼントしていないという事ではない

こう見ていると、リツイートでのプレゼント企画は嘘だ!と思ってしまうかもですが、実はそれも間違いです。

この記事からわかることは

リツイートした人全員が抽選対象として認識されていない!

という事です。

なので、企画側が定期的にAPIクロールした中で、プレゼントを送っている可能性も十分にあります。

いつリツイートすべきか?

以上を踏まえたうえで、応募するならいつリツイートすべきかを考えると、

  • 短時間で大量のリツイートがされていない時
  • 企画側がAPIをクロールする時

この2つが大事かと。

つまり、プレゼント企画側に自分の情報を行く確率をあげることですよね。

APIをクロールする時は内部の人でないと知りえないので、短時間に大量にリツイートされているときは避けたほうがいいでしょうね。

【重要】「できるよ」というコメントをいただく(追記部分)

投稿後すぐに、こんなはてブのコメントをいただいた。

f:id:tektekeo:20170819090254p:plain

なんだと...?

 

確かに今までの説明はREST APIってヤツの説明でした!

つまり、REST APIではできないだけで、他だとできるかも...

とりあえずkw5様から指摘をいただいた「Streadming API」について、Twitter Developersで調べてみると、

f:id:tektekeo:20170819091338p:plain

REST APIのような制限がなく、どんどんフィードを送ってくれる感じ。

なにやらtwitterのAPIサーバに接続しっぱなしにして、データが流れてくるのを取得するという方法らしい。

 でも、ヒカルさんみたいに一気に大量リツイートされたら、データ間引かれるのでは?とも思いましたが、実現できる可能性は十分にありますね。

さらに、tockthey様のご指摘されたように「広告代理店を挟めば、twitter側でなんでもしてくれる」ようです。

 

確かに普通に考えて、無料で一般で使えるAPIでなんでもできるっていうのが虫のいい話。お金をかければ出来る事が増えるのは当然のことで、ツイッター運営側もそれに対してのサービスを提供しているようにしているはずですよね。

 

早急に情報を訂正したかったため、深くは調べきれてませんが、実現できそうですね。

今回は不十分な調査、知識の中で記事を投稿しまったことを反省しています。

まとめ

ツイッタ―のリツイート機能を使ったプレゼント企画は、リツイートしても企画側に情報が行かずに抽選されない場合がある(と思う)。

APIがクロールする直前にリツイートしたものを取得する方法でも、ランダムになるかもしれませんが、「リツイートした人の中で平等に抽選」したことにはならないですね。

企画側からすると、ランダムみたいなものだからいいでしょ?ってなりそうですけど、無抽選でリツイートさせられたユーザー側から見ると、何かやりきれない思いがふつふつと湧いてきますねw

ただし、これはREST APIでできないだけで、

ツイッター上で実現できないということではありませんでした。 

 

追記部分でも記載した通り、方法はあるので、

プレゼント企画側がしっかりと構築していれば、リツイートした人の中での平等抽選が可能だと思います。

この度は私の調査不足と知識不足により、一時誤った情報を流してしまい申し訳ありません。コメントで教えてくださったお二人には感謝申し上げるとともに、今後誤情報を発信する事がないように注意いたします。

 

ちなみにですが、私はヒカルさんのPS4のプレゼント企画をリツイートしていますw

PS4欲しいですから!!