テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

ついに100記事達成!感謝の気持ちとブログ運営の現実を綴る

f:id:tektekeo:20170906193003j:plain

ブログ初投稿からちょうど3ヶ月(初投稿:2017-05-07)。

ついに100記事達成しました!

開始当初は3ヶ月100記事を目標にしており、達成できたと言って良いでしょう。

続けれたのは間違いなく読者様のおかげです。

この記事では読者様への感謝の気持ちと、100記事達成ブログの現実をまとめてみました。ブログ初心者の方は一読の価値あり!

 

まずは読者の方々に御礼申し上げます

f:id:tektekeo:20170809210243j:plain

100記事達成までは本当に長く、何度も何度も辞めようと思たり、記事の中で愚痴をこぼしたりしていましたがなんとか達成!

増えないPV数、増えるクソ記事...

目の前が真っ暗な中、ただ一つの支えだった読者様。

今までいただいた「スター」「はてブ」「コメント」が私の支えとなったことは言うまでもありません。

 

本当に感謝申し上げますm(_ _)m

 

100記事達成したブログの現実を語りたい

話は変わって100記事投稿したけど、ブログ運営の何が見えてきたのかを語りたい。

 

本当は100記事達成した記事では

 100記事達成したのはみんなのおかげ!でもこんな所が俺の終着点じゃねぇ。俺の戦いはこれからだぜっ!(次回に続く)

みたいな文章を書いて、

100記事投稿おめでとうございます!

とか

これからも頑張ってください!

みたいな「コメント」とか「はてブ」を、今までの記事ではありえないくらい大量につけて欲しい...

やっぱり100記事達成って言ったら、みんな祝福してくれるし、私も褒められたいw

でも、これからブログを始めたりする人にとって、100記事を投稿する前と後のギャップ、つまり現実を書いていった方が為になるんじゃないかと思い直しました。

100記事達成の祝福記事からガチ暗い内容になってしまうことをご容赦くださいw

ブログ開始当初の100記事達成のイメージとギャップ

私が思い描いていたイメージを箇条書きで書いていきます。

  • 何記事かバズっている
  • PV数を安定して稼いでくれる記事ができている
  • SEO的にも強くなっており、検索で上にくる記事がある
  • AdsenseやAmazonアソシエイトで月~万円の収益がある

こんな感じに思っていました。

とりあえず100記事くらい続けていれば、ブログの素地が形成されてきて、希望の光が見えてきているはずだった...

それでは現実をご覧いただこう...

バズったのは1記事のみ

記事を書く内容、センスにもよるだろうがたった1記事である。

www.kouritsu30.com

1日で1万PVを叩き出した記事です。

やはりバズの効果は大きくて、記事内で物販アフィのリンクも貼っていたので、この恩恵で諭吉1人くらい出た。

それは嬉しいのだが、3ヶ月続けて1つだけでは全く労力に見合わない! 

私の場合、3~4記事書く時間分バイトをすれば稼げるお金ですので...

PV数を安定して獲得している記事などない

f:id:tektekeo:20170809232831j:plain

はてなブログのダッシュボードで「アクセス解析」をクリックすればアクセス先が分かるのは、みなさんご存知だと思う。

私の場合、Google検索やYahoo検索では

書く記事が数パーセントづつ見られている傾向にある。

もっとわかりやすく言うと、

ある記事が1日に1PVでるかどうか?

そんな記事がほとんどです。

ブログの成長を見込めず、かつクソ記事ばかり書いている自分に嫌になることは1回や2回の話ではない。

続けると上位検索になるだと?検索しても見当たらないんだが...

f:id:tektekeo:20170809233145p:plain

GoogleやYahooで検索しても、一向に自分の記事が見当たらない!

まあ、PVを安定して稼いでいる記事がない時点で察することができるがw

アフィリエイト収益など無に等しい

f:id:tektekeo:20170624102218j:plain

AdsenseはPV数に比例して出てくれるので、雀の涙程度には出ていますが、記事を書く時間を考えたら、バイトしている方がはるかに時給は上である。

そして驚いたのが「Amazonアソシエイト」。

TOEICの記事がバズってから1ヶ月間くらいはコツコツ出ていたのだが、それを過ぎると途端に収益が出なくなった。

Amazonアソシエイトのアルゴリズムで「アフィリンクを踏んだ1ヶ月間は収益が入る可能性がある。」みたいなのが組み込まれているのか?

と言うわけで、先月は数百円程度しか出ていない

 

 

当初の想定と比較したギャップはそんな感じです。

ちなみにですけど、当ブログでも少し登場する「敏腕ブロガー」さんの実体験を元に想定していました。

なので現在の私の心境としては、焦ると言うよりも絶望に近い状態です。

敏腕ブロガーさんが特別だったのかとも思ったのですが、私と同時期またはそれ以降にブログを初めて、私より「読者数」や「はてブ数」を獲得している方は何人もいます。

いつもその人たちと何が違うのかを考えていますが、皆目見当がつきません。

ブログで成功するっていうのは本当に難しい...

その他感じたこと

「はてなブログ」と密接な3ヶ月間を過ごしてきて感じたことなど

1.ブログ運営を諦める人は結構いる

f:id:tektekeo:20170809233453j:plain

たった3ヶ月間だけど、読者登録したブログの更新が停止したり、コメントを書き合っていた人たちからの反応がなくなった事は何回もありました。

体感だけど、月初からブログを初めて月末までの1ヶ月間で去る人は多い気がする。

1ヶ月間は早過ぎる気もするけど、バズにも読者にも恵まれなかったら気持ちは痛いほど分かる。

私は幸い、1ヶ月以内にバズ記事を投稿できたし、読者数も堅調に増えてきていると思っているが、それでも継続するのは辛かった...

2.ブログのデザインとかレイアウトはあんまり関係ない

f:id:tektekeo:20170809233646j:plain

※「それはおいといて」のイメージ

当初は目を引くブログのデザインやレイアウトで集客率が変わると思っていた。

しかし今では、どれだけデザインを工夫しようともそんなに変わらないと思っている。

技術系のブログ(HTML、CSSなど)の記事を書いているなら、多少は目を見張るデザインにしないと、その記事の信頼度が変わるとは思うが、それ以外ではほとんど関係ない気がする。

私はネット関係に比較的精通しているので、仕事の合間を縫ってはレイアウトやデザインを変更してきたが、Analyticsを見ても全く変化を感じれなかった。

ブログを始めた当初はブログの見た目を気にしがちだが、本当に気にしなければならないのは記事のコンテンツ。と言うか常にコンテンツが大事だと思う。

3.本当の意味でレビューしてくれる人は少ない

f:id:tektekeo:20170809233827j:plain

読者の方々には感謝しています。それは紛れもない事実なんですけど、やっぱりお世辞が入ったコメントをしているのも事実だと思います。

批判するコメントがなければ改善点も見えてきません。

例えば、

  • 文字が見づらい
  • 文章の意味がわからない
  • 記事が長過ぎる or 短過ぎる
  • 面白くない

などなど...

批判的な意見があったとしても、絶対に言うことはありません。

なので身近な人に見てもらってコメントを貰うなどの対策を取らないと、永遠にお世辞まみれのブログになってしまう気がします。

常に第三者の目(読者目線)を意識しなければいけないけど、それは本当に難しい。

4.グレーゾーンで戦っている人もいる

f:id:tektekeo:20170809234159j:plain

え?この記事がなんでこんなに「はてブ」されてるの?

オリジナリティのない、ありきたりの記事がはてブされるのっておかしくない?みたいな事はたくさんありました。

有名なブロガーさんになればファンの方が付けてくれるのでしょうけど、明らかにおかしすぎだろうと思うこと...

でもね、

運営が白と判断すれば白、黒と判断すれば黒です。

そのギリギリのラインで勝負しているといえば、それは一つのブログ運営手法だと思っています。

リスク(グレーゾーン)をとってブログを伸ばそうとする人がいても、至極普通のことです。

私は弱い人間なので、その人たちのブログと比較して何度妬ましく思ったことか...(テケオダークサイドモードw)

 

まとめ

  • 100記事投稿達成!
  • 支えていただいた読者様に感謝!
  • 100記事達成して振り返るブログの現実を綴った

 

読者様には本当に感謝しています。これからも当ブログをよろしくお願いします。

 

後半では私が思う、ブログ運営の負の面について結構ぶっちゃけてしまった。

本当は100記事達成を祝福して欲しいのですがwww

これだけブログのネガティブキャンペーンをしたのですが、まだブログを続けますよ( ^∀^)

やめなければ可能性はゼロじゃないはず...

これからも頑張っていきますので、今後とも「テケオは眠くても頑張るぞ!」をよろしくお願いいたします!