テケオは眠くても頑張るぞ!

何もかも面倒臭い。そんなテケオの生き方や考え方をつづるブログ

アフィリエイトに関するプライバシーポリシーは固定ページに書くべき

f:id:tektekeo:20170731165025p:plain

こんにちは。テケオです。

ブログを運営していく中で、Adsense等のアフィリエイト広告を掲載する方もいらっしゃると思います。

当ブログでもAdsenseやAmazonアソシエイトなどの広告を掲載しております。

広告掲載の際にプライバシーポリシーをサイドバーに記載されている方が多くいらっしゃいます。

それ、損しているかもしれません(嘘?)。

その理由と対策をご紹介します。

 

サイドバーにプライバシーポリシーを書くと...

記事の冒頭では、損するかもしれないと煽りに煽ったのですが、多分そんなに変わらないw

でも、ページ全てに掲載する必要はない不要な情報であることは間違いありません。

SEOの観点から見るとプラスではありません。

SEO観点からプラスではない理由

junichi-manga.com

事前の知識として、上記事の「クローラー」に関して理解しておいて欲しい。

検索できるようになったり、検索順位が上がったりするのはクローラーさんが巡回してくれているからです。

本当に持ち帰って欲しいのは、自分が投稿した記事の内容です。

クローラーさんは一度見に来てくれても、文章量が多いと一回で持ち帰ってくれません。なので、不要な記述は減らすべきなのです。

SEO観点からプラスではないけど、あまり変わらない理由

さて、どんでん返しする記述ですが、プラバシーポリシーをサイドバーに記述することはSEO的には、ほとんど変わらないと思います。

それはクローラーの特性を理解すると簡単にわかります。

クローラーはページのソースコードの上から順に取得していきます。

私のブログの場合、投稿記事部分がサイドバーより上にソースコードが記述されています(多分全てのテンプレートがそういった構成)。

f:id:tektekeo:20170731172737p:plain

緑矢印の順にクロークしている(はず)。

なので、投稿内容の取得を優先して取得してくれている(はず)の為、サイドバーに書こうが、固定ページに書こうが違いはないと思います。

それを気にするぐらいだったら、「ヘッダー」や「記事上」に記述されているJavascript文などを「フッター」部分に書いた方がよっぽど効果がある

とはいったものの... 

ぶっちゃけ、SEO的には効果はあんまりないと思いますが、プライバシーポリシーなんて毎記事ソースコードに記述する必要は100%ない。

そんな時は固定ページ!

www.kouritsu30.com

まだ「お問い合わせ」にしか使ってなかったし、良い機会です。せっかくなので、固定ページで作りましょう。

固定ページでプライバシーポリシーを記述する

固定ページの作成方法は上の記事に書いてあるので割愛。

プライバシーポリシーの記述の中にはリンクを含むものがあるので、ダッシュボードの「デザイン」→「カスタマイズ」→「サイドバー」でプライバシーポリシーをコピペ

f:id:tektekeo:20170731174722p:plain

 

固定ページのHTML編集で貼りつけ

f:id:tektekeo:20170731175547p:plain

タグやリンクを保持したままページが作成できるので楽でした。

 

メインページにプライバシーポリシーのリンクを付ける

固定ページにてプライバシーポリシーを作っても、リンクがないとプライバシーポリシーがないのも同然なので、リンクを作る。

サイドバーのモジュールのリンクを使ってみた。

f:id:tektekeo:20170731181004p:plain

 

これで完成。

f:id:tektekeo:20170731181213p:plain

ソースコードを見ると改善した...のか...?のレベルw

一応OKかな。

まとめ

SEO的に効果はあるか微妙ですが、固定ページにプライバシーポリシーのページを作ってみた。

個人的にはサイト構成上、固定ページにあるべきページだし、毎記事クロークしてもらう必要のないものなので、しといた方が良いかも。

というか、はてなブログに固定ページが実装されたので使いたかっただけのお話でしたw