テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

はてなブログに固定ページが作成可能に!お問い合わせページを作ってみた

staff.hatenablog.com

こんにちは。テケオです。

はてなブログで固定ページが作成できるようになっていました!(気づくの遅れたw)

はてなブログを登録してから待ち望んでいた固定ページ。ついに実装されたので、お問い合わせページを作ってみました。

 

固定ページとは 

はてなブログでは、有料プラン「はてなブログPro」利用者向けに、独立した固定ページを作成できる機能を追加しました。投稿した順に時系列で扱われる通常の記事とは別に、ある固定のURLのみで表示される特別なページを作成できます。 「お問い合わせ」や「自己紹介」「注意事項」「リンク集」といった静的なコンテンツを用意したいときに便利です。どうぞご利用ください。

固定ページを作成できるようにしました(はてなブログPro) - はてなブログ開発ブログ

WordPressなどのCMSでサイト制作した経験のある人なら、固定ページの使い所はなんとなくわかると思いますが、参照に書いているような内容で使います。

はてなブログでも「about」のページは思いっきり自己紹介の固定ページです。時系列で載せるページではないことがなんとなくわかると思います。

f:id:tektekeo:20170729184825p:plain

固定ページはあるものだろうと思ってブログを始たが、設定でaboutページの編集というボタンを見つけて、固定ページは作れないと察してしまった...

 

主にグローバルメニューで表示するような項目は固定ページの方が便利だったりします。(経験上)

さて、今回は投稿ページで作っていた「お問い合わせ」を固定ページで作り直したいと思います。

固定ページの優位性

固定ページにすると何が嬉しいの?

しっかりとしたサイトが構成がされ、SEO的に優位であること

festinalente01.com

これが一般的に言われる一番のメリットかもしれませんが、はてなブログを運営されている方で、「お問い合わせ」のような固定ページであるべきページを大量に作成されている人は少ないように感じます。

普通の方は全然気にならないと思うので、投稿ページに固定ページのようなサイトを作って不満がなければ放置で良いかもしれません。

しかし、はてなブログで作った場合、素人でもわかる明確な違いが何点かあります。

それをご紹介していきます。

投稿ページに表示されない

固定ページに作っているので当たり前ですが、私が固定ページでお問い合わせを作る前の「ホーム」の最終ページを見てみましょう。

f:id:tektekeo:20170729182754p:plain

「お問い合わせ」は読者に読ませたい記事ではなかったので、予約投稿にてブログ運営の最初の記事より前の日に投稿したことにしていました。

f:id:tektekeo:20170729175950p:plain

※私のブログの管理画面です。2017/05/19にお問い合わせページを作成したので、投稿ページの時系列一覧に違和感ありながら鎮座していますw

何が問題かと言うと、例えば、私のブログを時系列順に遡ってみてくれる人がいらっしゃると、お問い合わせのページにたどり着いた時に

何これ?

ってなるわけです。そんな事はほぼないでしょうが、何か違和感がありますよね。

ブクマ、スターなど不要な機能が消せる

私のブログでは、投稿記事の上部に「ブックマークやツイートのボタン」と「オススメ記事」を表示するようにカスタマイズしています。

通常の投稿記事であればそれでいいのですが、お問い合わせは違和感がありますよね。

お問い合わせのページはそれだけを表示したいページなので、ブクマやツイートボタンなどは100%不要です。それを消すことができます。

f:id:tektekeo:20170729180525p:plain

※お問い合わせにブクマボタン等は不要

 

素人的にも目に見えるメリットはこれくらいですかね?

大したことはないんですけど、SEO的に、そしてサイト構成の気持ち悪さ解消の為にも固定ページに移動しようと思いました。

はてなブログの固定ページ機能でお問い合わせを作る

固定ページで作るべきページとそのメリットをざっくりわかっていただいた所で、早速作っていきましょう。

1.ダッシュボードのサイドバーにある固定ページをクリック

f:id:tektekeo:20170729180945p:plain

 

2.URLを決定してページの作成

f:id:tektekeo:20170729181043p:plain

好みのURLを決めてページを作ります。今回は「お問い合わせ」と言うことで、「contact」と記入してページを作成しました。

 

3.投稿ページのお問い合わせをHTML形式でコピーする

f:id:tektekeo:20170729181558p:plain

固定ページにおいても投稿ページとほぼ同じ編集画面です。

投稿ページのHTML編集から全コピし、固定ページのHTML編集に貼り付けするして公開するだけで作業は完了です。

Google Formを使ったお問い合わせ作成方法については以下の記事を参考にしてください。

www.kouritsu30.com 

f:id:tektekeo:20170729182114p:plain

出力結果はこんな感じになります。タイトルとメインとの間にあったブクマボタン等は全て消えており、本当にお問い合わせフォームしかありません。

スッキリした...

まとめ

  • 固定ページの優位性の簡単な説明
  • 固定ページにてお問い合わせフォームを作ってみた

この記事が公開された時の私のブログでは、すでに「固定ページのお問い合わせ」に変更済みです。

勝手を知ってるので作業自体は1~2分程度で済みました。

簡単ですので、面倒くさがらずトライしてみたらいかがでしょうか?

最後に、固定ページでお問い合わせを作るだけで満足して、リンク先の変更を忘れないように注意してください。

※ちなみに

固定ページにてURLを「about」にしてみたら(元々あったaboutのURLと被る)、ページは作れたけど、反映されなかったです。