テケオは眠くても頑張るぞ!

何もかも面倒臭い。そんなテケオの生き方や考え方をつづるブログ

【野球】ショートバウンドを体で止めると上手くならないと思うのだが

f:id:tektekeo:20170714161339j:plain

こんにちは。テケオです。

かつて野球を教えてもらったことがある人なら一度は聞いたことがあると思います。

「ボールを体で止めろ!」

特に少年野球をしていた時、ショートバウンドを体で止める練習をさせられました。でも、それを続けていると下手になりますよw

 

キャッチボールをしてて思い出した

たまにですが仕事の昼休みとかに、社長とキャッチボールしに行きます。社長は少年野球を少しした程度で、未経験者みたいなもんです。対して私はガチ勢だったので、投げ方や打ち方など自分なりのコツというものをある程度は確立しています。

ある時私が送球ミスでショートバウンドを投げてしまいました。そうしたら社長が体でショートバウンドを止めてドヤ顔をしてきたのです。

(ドヤァ...)

下手っすねw

今の上手くなかった?

体で止めろって教わりました?

そうそう。できてたでしょ?

それが間違ってますよ

ボールを体で止めろ!と多くの人が教わっているんだけど、体で止める意味をわかってない人が多い。というか指導者自身もわかってないんだろうなぁ...と思ったのがキッカケで記事のネタにしてみたw

ショートバウンドを捕球する上で一番大事なこと

ショートバウンドだけではなく、いろんな場面で共通して重要なのだが、

ボールに対してビビらない事である。

じゃあ、体で止めに行けると言うことはボールに対してビビってないのでは?

それが一番ある大きな間違いです。体で止めに行ってもボールにビビってしまう人が多くいます。そういった人の特徴として

捕球時にボールをみていないんです。

体でボールは止まっているんですけど、ボールを見ていない。厳密には怖くてボールを見れていないのです

つまりボールを見ずに体で止める癖が付いてしまうと、一向に捕球技術が上手くならないのです。だって体で止めるだけで捕球する気が無いから

なぜボールを見れば捕れるのか?

これは私の自論なんですけど、ボールを見れば捕れるのではなく、ボールを見ようとすると、グローブの位置がズレないので捕れる確率が上がると思っています。

ゴロを捕る時などは、打球を予測してボールが来る位置にグローブを出しますよね。ショートバウンドも同じで、バウンドした瞬間にボールが来る位置にグローブを構えます。その時にボールにビビって顎が上がったり、顔を振ったりすると、グローブの位置がズレますよね?

だから捕球ミスが起こるんです。ボールを見ようとすると、グローブを出した位置がズレにくいので捕球確率が上がるということです。

なぜボールにビビるのか?

ボールがどこに来るか予測できないからです。完璧に予測できれば、そこにグローブを出していれば、勝手にボールが入ってきます。

つまり、上手くなりたければ、予測できるパターンを増やす練習をすることです。

打球の速度やバウンドの高さなどから、どこにボールが通過するかを考えて練習して身につけることが重要なのです。

しかし、体で止めるばかりしていると、そのような予測能力が養われないので一向にゴロ、特にショートバウンドなどを捕るのが下手になってしまうのです。

練習方法

Youtubeで探して見たら上手いと思う人をいくつか見つけた。


内野手 ショートバウンド 捕り方

この動画に出て来る「良い例」は本当に良いと思う。遅いボールでもいいのでこれを繰り返すだけで、上手くなるだろう。

 


【超・守備講座②】ショートバウンドを捕るコツ★極意伝授!トクサン流

こちらの動画もかなりオススメ。特に3:00過ぎからの「斜めからショートバウンドを取りに行く人」についてダメだと言及している。該当している人も多いのではないだろうか?

「練習を積み重ねてきた自論」らしいですが、物理的に考えて斜めから取りに行けば捕球確率が下がるのは自明ですよね。

 

まとめ

ショートバウンドを体で止める練習ばかりすると上手くならない(と思う)よ。

小学生の時にショートバウンドを体で止めることに疑問を感じた私は、体で止めることではなくて、顔の位置を動かさずに捕球するように意識して練習した時があったのですが、ミスをすると「しっかりと体で止めろ!」とよく怒られたw

確かに少年野球などは、一度体で止めたら100%アウトにできるケースがよくある。でも、公式戦ならわかるけど、練習からそんなことしてたら上手くならないだろ!と声を大にして言いたかったorz