テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

はてなブログの「継続期間」は後付け可能。継続はSEO的に意味ない?

f:id:tektekeo:20170906192535j:plain

ブログのプロフィール欄から確認できるものもありますが、はてなブログの「継続期間」。

SEO的には「継続する方がいい」と言われていますよね。

はてなブログの「継続期間」と関係があるのでしょうか?

 

結論を言おう

A.ない

 

SEOに関係がある「継続」というのは定期的にブログを更新しているか?ということ。古すぎる記事はSEO的にはよろしくない。

なので、検索上位にあった記事が時間につれて下がってきた場合、新しい情報に更新するなどの処理が重要になってくる。

 

また、定期的なブログ更新が確認できれば、そのブログに元々掲載されている記事も徐々に価値が高くなる傾向にある。

 

つまり、100記事のストックがあったとすると、100日間1記事づつ予約投稿するより、さっさと100記事公開して、その後少しづつでも更新する方がいい。

その方が100記事のドメインパワーが強くなる。

www.kouritsu30.com

はてなブログの「継続期間」ってヤツは「1日あたり1記事以上投稿した連続の日数」の事である。

だからSEO的には、はてなブログの「継続期間」を伸ばすことよりもっと大事なことがたくさんある。

 

運営の方向性とはてなブログの特性

しかし、1日1投稿というルールを作るなど明確な目標を設定する事で、ブログ運営を継続させれたりもする。

どうしても、投稿が飛び飛びになると途中でダレてしまう。

そして、はてなブログには「読者」が存在する。毎日決まった時間に投稿していれば、あなたの読者が定期的に見てくれるようになる。

そういうファンの存在がその記事のスタートダッシュになるのである。

故に100記事のストックがあった場合の話をしたが、状況によってはケースバイケースである。

「継続期間」は後付けできる

これがSEO的にはてなブログの「継続期間」に意味がない最たる理由である。

記事の設定次第で「継続期間」簡単に伸ばせてしまう。

 

ブログ徘徊していると「継続期間」が長い人は凄いと思うだろう。

そう見せる事で、これからブログを始める人を取り込める可能性があるので後付けしてみましたw

 

f:id:tektekeo:20170813104150p:plain

現在の「継続期間」は36日間になっています...

 

[ブログの概要]→[こよみモード]で更新が途切れた日を確認します。

f:id:tektekeo:20170813104522p:plain

 

更新用の記事を書きます(または既存の記事でもOK)。今回は本記事を使用します。

記事が書けたら[編集オプション]を開きます。

f:id:tektekeo:20170813105040p:plain

①の投稿日時を指定の日時に設定します。

時間は何時でも良いのですが、いつも19:00に投稿しているので、なんとなく19:00にしました。

 

②の[カスタムURL]を変更する必要はないのですが、記事を投稿した日付をURLに組み込んでいるので、より自然に見せるために編集しました。

 

これで記事を公開 or 記事の更新を行います。

 

f:id:tektekeo:20170813105827p:plain

36日間から91日間伸びました。

まとめ

  • はてなブログの「継続期間」はSEOと直結しない
  • はてなブログの「継続期間」は後付け可能
  • ブログのアクティブ感を演出できるかも

長期的にみたときに、「継続期間」はなんの意味も持たなくなってくると思うけど、見た目で頑張っているという印象を与えれるのは大きいかも。

 

全然わからないけど、気になる人はやってみてもいいかもね。