テケオは眠くても頑張るぞ!

何もかも面倒臭い。そんなテケオの生き方や考え方をつづるブログ

【考察】1日1万PVの収益はいくら?アドセンスで?物品で?それらの疑問とアナリティクスからわかった事実を報告

f:id:tektekeo:20170604143633j:plain

こんにちは。テケオです。

6月1日...ブログ運営から20日目くらいに初めて記事がバズりました!

PV数とか読者数とか全く増えなくて不安だったのですが続けて良かった( ;∀;)

しかし、単発で終わってしまったては意味がありません。結果から次につなげるのが大事!この記事ではバズ記事の結果これからの戦略を考えてみました。

バズ記事の収益

みなさん気になるポイントはここでしょう。ここだけ読んで直帰しないでねw

バズった記事 

www.kouritsu30.com

管理人のTOEIC勉強法を公開したもの。投稿前はいつも通り反応の薄い記事だと思っていたので、驚きを隠せなかった。

その日のPV数は9916PV!

f:id:tektekeo:20170604144932p:plain

えげつねぇ...前日までの最高PV数205とかやぞ...

時間ギリギリにスクショ撮ったので、1日1万PVに100足りなかったけどね...ちょっと悔しいw

アドセンス収益

Google Adsenseの収益は野口さん3名ほど

スクショ貼ったらあかんっぽいし、はっきり言わない方がいいのかと思って、一応ぼかして書いて見たけど、あんまりぼけていないくらいの値段であるw

しょぼいと思う人がいるかも知れませんが、まあそんなもんですよ。

クリック率とかも妥当なラインですね〜。この現実を見て絶望する人もいるでしょうけど本当です。

管理人は?大丈夫ですよ。絶望しませんよ?

昔スマホ向けアプリリリースした時に月間30万PVくらいにはなったので、Adsenseの現実は知ってました。

この経験がなかったら心折れてたかもw

物品アフィ収益

「English Journal」を何人か買ってくれました。買った人は頑張ってください。

マジで9割は途中で諦めるでしょうけどねw

その他にもAmazonのよくわからんアルゴが働いて、一見関係なさそうな物品の収益が入ってきていた。トータルしてその額なんと

400円...

実はこれが結構ショックでしたorz

どれだけPV数頑張ってもAdsense収益なんてしれてるので、みなさん買ってくれることを期待していました。

まあ、そのまま直リンクで買わずに一度調べなおして買う人がほとんどだと思います。

そこで「English Journalマジでむずいんだけど...」的な記事が世の中に溢れかえっているのであまり買ってくれなかったのだろうと予想。

バズったけど掲載した商品が微妙でしたね(まあ、仕方ない)。

思ったこと

以上の結果より、ブログで収益を求めるならバズだけじゃダメってことかな〜。

薄々は思ってたんですけど、今回本当にそう思った。1日1万PVの記事出して合計約3400円。次の日なんか1日1000PV、その次の日は1日300PVまで激減してましたからねorz

もう収益なんてないに等しいですよw

Google Analyticsでのデータからわかったこと

みなさんが期待しているメインの内容(収益)は終わってしまいましたが、個人的にはこっちの方が価値があると思う。

Google Analyticsのデータを貼り付けるのは禁止らしいので、自分と予想外だったデータをざっくりした数値とともに紹介します。

直帰率が尋常じゃなく高い

直帰率ってご存知ですか?管理人もうまく説明できないんですが、簡単に言うと

他のページも見られましたか?

って感じです。直帰率が高いと言うことはそのページしか見られていない!と言うこと。

直帰率は余裕の90%over!やばすぎでしょwww

マジか...これあかんやつや...

当初管理人は「バズればある程度は他の記事も見てくれるので、他の記事も収益に繋がるチャンスがある」と思っていたんですけど、現状のままでは数値的に見てノーチャンスだと思いました。

今のままだと、ゴミ記事はずっとゴミ記事...

書き続けることは大事ですけど、ゴミを溜めても仕方ない。

記事書くのしんどすぎるやろ!!

アクセスは携帯から

バズる前は「PC:携帯=50:50」って感じだったので

まずはPCのサイトのレイアウトとか作ればいっか〜

と思っていた。ブログを立ち上げてから少しづつ調べて細かい修正を重ねていったんですけど、バズった後はに見てみると...

PC:携帯 = 20: 80

完全に携帯。て言うかスマホやろなぁ...

つまりスマホ側から力を入れるべきだった...お昼休みにAnalyticsでこの事実を知って、12:00~13:00までご飯を食べずにできる限りの改善を施しました(その日の午後の腹減りっぷりは半端なかった...)

年齢と性別

これはコンテンツの内容に完全に依存すると思いますが、20台後半~40台前半までで全体の70%を占めていました。

さらに性別を見ると、男性が70%を占めていました。

会社からTOEIC○点以上取れって言われるのかな?

正直そう思いましたね(笑)

個人的には18~24歳くらいの学生さんに見て欲しいし実践して欲しかったけど、あんまり興味ないみたいですね。

その世代が社会人になり、TOEIC取れって言われて初めて勉強しようかと思うのかな?そして「学生の時に勉強しておいたらよかった。」と後悔しつつ、藁にもすがる気持ちで勉強法をググるのだろう。

と想像を膨らませて笑っていました。

Google Analyticsの結果からどうしていくか?

バズっても直帰率が高すぎるのが本当に痛い!

これが一番思った感想です。

ゴミ記事はずっとゴミ記事...と書きましたけど、やっぱりこいつらをどげんかせんといかん!

過去に書いた記事(ゴミ記事)も価値のあるものに進化させるためには、アクセスしてもらうことは必須です。今回のバズの過熱感はすぐに冷めてしまいましたが「TOEIC 勉強法」と検索すれば4ページ目の上の方に出てきます。(2017年6月4日)

なので可能性はどの程度かわかりませんが「一瞬で長期的にアクセスを集めてくれる記事」になり得る存在となりました。

この記事を利用しない手はありません。

管理人は英語が本当に苦手でした。大学受験でなんども挫折しながらある程度の英語力は身につけたつもりだったし、初めてTOEICを受けて380点だった時は「今まで俺は何やってたんだ...」みたいな絶望も味わって這い上がりと、

苦手な英語を人一倍努力したと自負しています。

そういう記事を書けば、はてブでPV数を稼げなくても、バズった記事の内部リンク等でうまく流し込む事で、長期的なPV数を見込めます。

それは美味しい話です。

でも、もっと美味しい話が

バズった時にすでにその関連記事があること!

TOEICの勉強法に興味があり、その解決策を記事にしている人のオススメの単語帳とか勉強のコツとかそんな記事があれば、直帰率を低くできたのではないか?

そうなれば今まで死んでいた記事(ゴミ記事)が一気に生き返りますよね。

はてブがなくても、スターがなくても、コメントがなくても記事の価値が高まります。

じゃあ、今後勉強の記事を書けばうまくいくってこと?

そうなんですけど、そうではないです(どういう事よw?)。

重要だと思うのはカテゴリーを明確にした記事を書き続け、適した内部リンクを形成することだと思います。

どのブログを見てもありそうな結論ですけど、そう言うことだと思います。

1記事がバズれば複数記事が引っ張られるような構造にしなければいけないと思います。

イメージとしては「カテゴリー」という火薬庫の中に「記事」という火薬と詰め込みまくって「バズ記事」で着火してあげれば、より大きく爆発するというわけす。

例えが物騒すぎましたw

でも同じ分野を書き続けるのは、ネタを尽きるのが早く、上手くいかないと思います。

しかし同一ブログ内で複数のカテゴリーを形成し、そのカテゴリー内の記事を見てくれる構造にすればいいのではないか?と思っています。

今回のケースも勉強に関する記事を書いていれば、少しは引っ張られたと思うので、ちょっと勿体無かったな。と思いました。

今思うと、バズの初動が前日の夜中くらいにあったので、その時にできる限り勉強カテゴリーの記事を書きまくれば、PV数も伸びて長期的に活躍してくれる記事が複数できたのかもしれません。

ま、これは辛すぎる話ですw

まとめ

  • バズった記事の収益を公開したよ
  • どういう方針で記事を書くのか考えて見たよ

以上ですかね。

やっぱりバズを狙うっていうより、取りこぼしなく取るってイメージで運営していきたいですね。

管理人はある程度HTMLとかわかるんで、上手く作っているブログとかサイトとかあればパクって参考にして改善していくつもりです。

テンプレに少し付け加える程度ですけど。

HTMLとか無駄な勉強したかな?って思う時もあったけど、やっぱり勉強って無駄にならないんだなぁと思う今日この頃です。