テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

【TOEIC勉強法】3ヶ月でスコアを450点→800点近くにした俺のたった一つ勉強法を紹介しよう

f:id:tektekeo:20170522183940j:plain

みなさん英語の勉強してますか?私は大学院時代に3ヶ月ほどTOEICの勉強をして、450点→785点にUPさせた経験があります(タイトルでは800点近くと書きましたがw)。その経験を基にどうすればTOEICで点数を取ることができるか、私なりに考えてまとめてみました。

 TOEICを通じてどうなりたいか?

まず何のためにTOEICを受けているかお聞きしたい。

直近で試験があり、点数を取らないといけない!何とかしてくれ!

申し訳ないがおかえり願おう。何故なら私がこの試験を受けた目的は、英語の能力を伸ばしたかったから、試験はそのための確認作業であるからである。

そういう意識でTOEICを受ける人には意味のある内容になっていると思います。

TOEICで何が測れるか?

ご存知の方もいると思いますが、TOEICにはリスニングとリーディングのみである。ライティングがない。

そして、リスニングとリーディングに関しても完璧に理解しなくてもざっくり理解すれば点数が取れるようになっている。

イメージでは英語圏内に住んでいると、広告や看板が目に入ってきた時に「瞬時に内容を理解できるか?」とか、電車や空港でのアナウンスを理解できるか?といった日常生活における受け身の英語がどれだけできるか?を測ってる。

TOEICの勉強の方針

以上の説明より、英語圏で日常生活に支障がない状態にすること。

不可能なようで結構できる。何故なら、日本人であるあなたは、日本での生活に支障がないからだ。

だからあなたは勉強すれば必ず点数が取れる。必ずだ。

この「必ずできる」と思うことが本当に大事。多分100%そう信じて頑張れる人は私や他の方の勉強法とかに関係なく、点数が取れると思う。

勉強方法

結論を言おう「ENGLISH JOURNAL」を読む。そして聞く。それだけだ。

この雑誌のリンク先とそこに記載されている説明がコレだ。

ENGLISH JOURNAL|アルク

『ENGLISH JOURNAL』は、著名人のインタビューや、すぐに役立つ特集、世界のニュース、ネイティブのトークなど、バラエティー豊かな英語が収録されており、楽しみながらオールラウンドな英語力を身に付けることができる学習情報誌です。

 ここで、TOEICは何ができれば良いのか?

「英語圏で日常生活に支障がない状態にすること。」

つまりENGLISH JOURNALは有名人やインタビューやニュースなど、英語圏で生活する人誰もが受ける英語を、シャワーのように浴びることができる。

しかし、問題がある。全く英語がわからない人にとっては完全に呪文である。聞いた瞬間絶望するだろう。

だが悲観しなくても大丈夫。管理人もそうだった。そしてそれを乗り切った具体的方法を紹介しよう。

1.日本語訳をざっくり覚える

ENGLISH JOURNALは全ての記事に日本語訳がある。それをまずざっくり覚える。

内容を覚えておくことで、英語で何をしゃべっているか予測できるのである。

これだけでも大分変わる。

2.英語を真剣に聞く 

内容をざっくり把握した後で英語を聞く。ひたすら繰り返す。何をしゃべっているかわからなかったら予測する。

これを根気強く繰り返す。

するとある時突然わかる瞬間がくる。もちろんその文章だけだが、日本語に変換しなくても英語で脳が理解してくれる。

ちなみに垂れ流すだけで良いとうたう教材もあるが、管理人はハッキリいって効率が悪いと思う。どう考えても集中して聞いた方が良い。「聞く」と「聞こえる」は全く違う。

3.1と2を繰り返す

ENGLISH JOURNALに掲載されている記事は1記事だけではない。1つの記事である程度できるようになったら、違う記事に移動する。そして繰り返す。

とりあえず繰り返す。何度も何度もだ。

これをまずは3ヶ月続けてみてほしい。最初はありえないほどレベルが高すぎて「これは無理。」と思うだろうが、自分を信じてやってほしい。

とりあえずJOURNALを1冊購入し、それだけひたすらやっても良い。

いろんな記事をみたい人は定期購読すれば良いだろう。

信じて3ヶ月やったら多分あなたはこう言うだろう。

俺、何も変わった感じしねぇけどw

多分こうなる。でも大丈夫。試験前は次の勉強をする。

4.TOEICテスト公式問題集をする

公式問題集を3~5回分くらいする。1回目が終わると、

リスニング喋るの遅いな。リーディングも何となく書いたけど、、、あんまり点数上がってないな。

2回目が終わると、

このパターンのリスニング問題は前もあったな。リーディングも同じようなのあったから多分これやろ。おっ点数上がったな。

3回目が終わると、

前より良い結果だろう。やっぱり、点数上がってるw

という感じになると思う。

やればやる程点数が上がるはず。ただ試験に慣れていないから最初は取れなかっただけなのである。

ある意味この「慣れ」が「試験のテクニック」である。同じパターンばかり聞いているので「多分こうだろう。」と正確に読めたり聞けたりしなくても、理解できるようになる。

最初から「試験のテクニック」ばかり勉強していた奴らを、公式問題集を3回解くだけで点数を上回ることができるだろう。

そもそもTOEICの「法則」とか「テクニック」とかは日常の常識からわかることが多い。例えば電車のアナウンスのパターンとかね。そんなの勉強しなくても知ってるでしょw

まとめ

こんな感じで私は3ヶ月で450点→785点に上げることができた。

諦めないこと。繰り返すこと。

おそらくこの勉強方法は10人中9人は匙を投げると思う。それぐらい450点の人間には厳しい。しかし必ず成果は付いてくる。ダメ元でもENGLISH JOURNAL1冊買うくらいの価値はあるだろう。

そしてトライしてみた結果、どうしても耐えきれないが、なんとかしてスコアを上げたい方は下記の二つの方法もオススメだ。

1000時間ヒアリングマラソン

ALCの通信講座の一つです。

実は1000時間ヒアリングマラソンを購入すると、毎月English Jornalが送られてきます。考え方や手法はタイトルからもわかるように時間をかけてコツコツするスタイルです。

この講座に最も価値のあるのがEnglish Journalとは別に送られてくるテキストだ。

English Journalだけではストレスになってしまっても、このテキストがうまく作られており非常に勉強になる。そしてEnglish Journalも聴き続ける耐性もできてくる

English Journalを聴き続けるだけが辛い人にはマジでオススメです。

実は大学時代の友人がこの通信講座を受講しており、私は彼からEnglish Journalを1冊もらって勉強したのでこのプログラムの凄さは実感しています。

ちなみにこの記事の手法の一部も彼から教えてもらいました。

私はやはりというか、3ヶ月の耐えたという意識が強くて785点で満足して辞めてしまった。しかし1000時間ヒアリングマラソンを達成した彼は12ヶ月間もEnglish Journalとテキストによるトレーニングを積んでスコアは920点まで上がっていた。

なぜ耐えれたのか?

ALCのテキストのおかげでストレスが軽減されたのでは。

そう答えていた。少々お高いが実績のあるALCなので、本気で取り組みたければ受講する価値のある通信講座です。

ただTOEICの点数を上げたい人でしたら、TOEICに特化したコースを受講した方が良いかもしれません。というか英語教材=ALCです。ALCは実績十分ですので間違いなく信頼できます。

1000時間ヒアリングマラソン以外にも目的別に細かくプログラムが設定されているので、ぜひ一度チェックして見てください。

公式ページへ

ライザップイングリッシュ

「結果にコミットする」でおなじみのライザップ。体を鍛えるだけでなく、英語脳を鍛えて短期間で飛躍的に効果を発揮するのがウリです。

体を鍛えるライザップと同様に「専属トレーナー」がついて、あなたに寄り添って学習を進めてくれるので効果は絶大だと思われます。

さらに「無料個人カウンセリング」はもちろんのこと、「30日間無条件全額返金保証」という信じられない保証がついている。

これもライザップならでは。自信があるということなのだろう。

お値段は信じられないほど高いが(以下のリンクから確認してください)、30日間で納得できなければ返金保証を受ければ良いので、お金をかけてでも早く習得したい!と思う人はチャレンジする価値はあると思う。

⬇︎ライザップイングリッシュの詳細を確認する

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

最後に私のスコアを証明します

記事公開と同時に「証拠を見せろ!」と言われたのでw

f:id:tektekeo:20170522202449j:plain

2011年でだいぶ昔の話ですけどねw今やるとどうなることやら(汗

追記:コメントよりトイッカー様から公開テストの結果が見たいとご要望があったので、掲載いたします。

こちらも同時期に受験

f:id:tektekeo:20170601113708j:plain

もう一度最後に言っておきます。

諦めなければ必ずできる!