テケオは眠くても頑張るぞ!

何もかも面倒臭い。そんなテケオの生き方や考え方をつづるブログ

【肩こり、腰痛】あなたの肩こり、腰痛の原因は背中にない?独自に理由を考えて実行してみた①

f:id:tektekeo:20170526121546j:plain

こんにちは。テケオです。

みなさん肩こりに悩んでいませんか?私も肩こりと腰痛に悩んでいます。

ある時「ホンマでっかTV」を見ていた時、評論家の岡田隆さん(ボディビルダー)のあるコメントを聞きました。

「筋肉は連動しているので、そこを動かせば当然その部分も動きます。」

あれ?

と思うことがありました。

ある会話の中の何気ない一言。そこからテケオが思ったこととは...

 肩こりの原因を独自に追求してみた

この記事は独自に肩こりを考察し、行動したことを記事にしたものです。効果が有る無しの判断は自己責任でオナシャス。

肩こりとは?

そもそも肩こりってなんなんだろう?

肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。だけでなく、も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状

<wikipediaより>

僧帽筋の緊張状態が続くことで、肩が凝ってしまうらしい。だから猫背とか姿勢の悪い人はなりやすい。

そこで「背中を伸ばしてみたり、揉んでみたりすることで、僧帽筋の緊張状態を緩和しようとする。」だいたいそんな感じ。

でも気がついたら、また肩コリを感じる。つまり肩をほぐしたりしても、一過性のもので結局意味がない。

良い姿勢をキープすればいい。しかし、私はすでにMTGボディメイクシートスタイルを使用しています。

www.kouritsu30.com

ただ、完全には姿勢は良くならなかったのである!

なぜ姿勢が良くならないのか?

姿勢を良くする意識が足りないのではないか?

誰に聞いても絶対こういう風な返答が返ってきます。しかし私は、

僧帽筋を緩めるはずが、僧帽筋を収縮させて無理やり背筋を伸ばしている気がして逆に疲れる。

そんな気がしていたし、そう思っている人も多いと思う。

そう思っていた時にホンマでっかTVの岡田さんの言葉を聞いたのだ。

「筋肉は連動しているので、そこを動かせば当然その部分も動きます。」

私は逆に、別の場所に動かない筋肉があって、それに引っ張られて僧帽筋が張る=肩こりになるのでは?

そう思ったのです。

仮説をたててみた

まずはこちらの画像をご覧ください。

f:id:tektekeo:20170526135330p:plain

画像:Twitpic http://twitpic.com/c65kp4

説明しやすそうな画像なので、一部加工して使わせていただきました。

※私の説明と元画像は一切関係ありません。

画像からもわかる通り、「立つという行為」は重力に対して鉛直方向に体の重心を置く必要があります。

正常な姿勢は全てのパーツが鉛直方向にしっかりと維持できているため、無駄な力を使わなくて済むので良い姿勢ですよね。

猫背、腹突き出し

f:id:tektekeo:20170527181312p:plain

管理人はこのパターンです。このケースで背中が張る理由を、

赤矢印の足の筋肉部分黄矢印の腹筋部分硬くて伸びないのでそれに引っ張られて緑の背中を突っ張った状態になっているのではないか?

つまり本当にしなければいけなのは、

  • 腿裏からふくらはぎにかけてのストレッチ
  • 腹筋を伸ばすストレッチ

この2つではないだろうか?と考えました。

これが今回の記事の核心部分にあたります。

反りすぎ

自分のパターンではなかったので、実感なくてわからないんですけど、常に力んだ状態なんじゃないでしょうか?

日頃、姿勢悪い人が姿勢を良くしようとするとこんな感じ。

背中を無理やり縮めている状態。

逆に腹筋とか足部分は無理やり伸ばしている感じ。

このパターンの人はすいません。今回の記事では全然考えていないですw

もう一度考察

はっきり言って私は胃が悪い。昔からそうで食べ物をたくさん食べるとか苦手である。

よくよく考えてみると、姿勢が悪くて胃を潰しているので当然だと思う。

さらに、座り仕事の私は足を動かすことは極端に少ない。ランニングをしたりするけど、ジョグ程度で強烈な収縮はさせていないし、ストレッチもサボっている。

足の筋肉に異常がない訳がない。

つまり、これらの筋肉のツケが、腰〜肩にかけて負担が直撃している(私の場合だが)。

素人の発想だが、まあ的を得ていると思う。

まとめ

  • 岡田さんの筋肉は連動する発言を元に肩こりとかについて考えてみた。
  • 足の筋肉、腹筋とかが硬直し、そのため背中が引っ張られ、肩がこる。

この記事では文章量が多くなったので、ここで終了。

対策とかの運動方法はこちらの記事で。

www.kouritsu30.com