テケオは眠くても頑張るぞ!

何もかも面倒臭い。そんなテケオの生き方や考え方をつづるブログ

【意見】子供を預けては絶対ダメ!アホな指導者によくある5つの特徴。

f:id:tektekeo:20170517024455j:plain

こんにちは。テケオです。

おそらくほとんどの人が学生時代に部活動を経験されていると思います。

いい思いをした人、悪い思いをした人と様々でしょう。

ところで、自分の子供は何の部活動に所属させたいですか?それとも自由に決めさせますか?

私の場合は、なかば親の強制で小中と「野球部」に所属していました。

プロフィールをご覧になられた方ならご存知かもしれませんが、中学校では全国大会まで行ってるんですよ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

しかし、そこで辞めてしまいました。

その原因の一つに「指導者の質が悪いと思った」という要素もありました。

どういう要素がダメで、なぜ質が悪いと思ったかを説明していきます。

 

アホな指導者によくある特徴

部活動の指導者というのは、社会でいう「上司」に当たります。上司が無能であれば組織は機能しないし、部下も能力を発揮できない。当然のことですよね。

無能な指導者に可愛い我が子の将来を潰させないよう考えましょう(モンペはだめよw)

1.子供たちから尊敬されていない

簡単にいうとナメられてるということです。子供たちは良くも悪くも素直です。ナメられている時点で指導者として以前の問題。

統率が取れておらず、部内もガタガタ。子供がその環境に慣れてしまってからは取り返しがつかなくなります。

2.上手い子供ばかり教える

上手な子は勝手に上手くなります。出来ない子に比べて指導は少なく済むはずです。

それなのに上手い子には熱心に指導して、下手な子には時間をかけない。

結局、上手い子はどんどんチャンスを与えられて上手くなり、下手な子はずっと下手なまま。そんな扱いを下手な子供たちは敏感に察してやる気は激減。逆に上手い子供たちは天狗になってしまう。

最悪のスパイラルに入ります。

おそらく指導者の立場からすると、下手な子ほど教えるのは苦労するのでしょう。

でもそれが指導者としての腕の見せ所。それが出来ないのは無能をであると言っているのと同意義ですね。

そういう人ほど、上手い子供が出来るが故に、自分には指導者としての能力があると勘違いしている気がします。

別にお前が教えなくてもその子は出来るっちゅーねん。

3.レギュラーやポジションを固定する

弱いチームはまず固定している。チームで飛び抜けて上手い奴はいるだろうけど、ギリギリレギュラーとギリギリ補欠の差は極めて小さいはず。

その子たちの特性を理解した上でケースバイケースで使えばいいのに、出来ないから固定する。

4.試合中は観客になる

目先の結果ばかりに気を取られて、試合の流れを見ていない。

監督ではなくて観客。

もちろん試合中に臨機応変な対応など無理であり、子供たちはこの姿の大人を見て育つのである。

5.感覚で説明する。または説明できない

感覚は人それぞれなので、それを共有するのは非常に困難です。

なので「本当に理解」していないと伝えることはできないのです。

私のケースをあげましょう。

野球では「おっつけて打つ」という表現があります。

私は「おっつけて」の意味が全くわからず、監督に何度も聞いたのですが、「こう、こう」と言いながらジェスチャーされただけ。

わかるわけがない。私にセンスがないと言えばそれだけだが、

私から言わせれば、指導者がおっつけて打つを、他人に理解できる表現に変換できない=真に理解していない。と思いますけどね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?私の部活動に対する不満はかなりあるので、もっと挙げろと言われたら、まだまだ出てきますが、この辺りでまとめときます。

すっごい簡潔にいうと、

子供たちに対して真摯に接していない。

ということです。もちろん、全員に平等に高いレベルで...とか言ってたら不可能ですだと思いますが、自分の娯楽として子供を使っているとしか思えない人はたくさんいます。