テケオは眠くても頑張るぞ!

便利なサービスや製品紹介、スマホゲームや動画視聴のレビュー、ブログのカスタマイズ方法などを書く雑記ブログ

【節約】新品ばかり買う人は損してる?中古で買った方がお得な理由

f:id:tektekeo:20170905234944j:plain

こんにちは。テケオです。

みなさんは商品を買うときに「新品」で書いますか?それとも「中古」で書いますか?

私は大抵「新品」で買っています。

しかし、中古の方がパフォーマンスがいいんじゃないかなぁ...って薄々は思っていたのですが、今日中古をばかり購入している友達の話を聞いて中古の方がいいと思いました。それについての私の見解を書いていきたいと思います。

 

 新品と中古を比較してみよう

私が中古の方が優れていると至った経緯を説明する上で、中古が新品と比べてどんなメリット、デメリットがあるか挙げてみます。

中古のメリット

新品よりも中古で買った方が良い点を挙げていきます。

  1. 値段が安い
  2. 手に届かない商品が買える
  3. 新品に比べて気軽に使える
1.値段が安い

当たり前ですが値段が圧倒的に安いです。モノによっては新品の半値以下で買える事も多数。お金がなくても欲しい商品がGETできるかもしれません。

2.手の届かない商品が買える

「1.値段が安い」と分けて書くべきか迷いましたが、あえて分けて説明。

中古によって1段階か2段階上のグレードの商品を購入する事ができます。

例えば予算が3万円で洗濯機を買おうとしたら、1番グレードの低い新品は買うか、少しグレードの高い中古を買うか、と言うお話。

機能面だけで言うとグレードの高い方がいいことは明白ですね。

3.新品に比べて気軽に使える

「所詮中古だから...」この気持ちがあるので、高価なものでも比較的気軽に使う事ができます。

管理人は自動車免許取り立ての頃、オークションで中古の車を購入した経験がありますが、車を擦ったり当てたりする事に対する恐怖は全くありませんでした。新品だと当てたくない、傷つけたくないと運転がストレスなってしまいますが、

中古のデメリット

では反対に中古のデメリットについて挙げていきます。

  1. 他人が使った事への嫌悪感
  2. 状態が同じモノが2つとなく、価格が適正かどうかの不安
  3. すぐに壊れるかもしれない恐怖
1.他人が使った事への嫌悪感

他人が使ったものは、どんな人がどのように使っていたを知るすべはありません。

他人の肌に触れた服はなんとなく嫌なものだし、少しシミのついたソファなどもなんとなく気味が悪いと感じてしまいます。

2.価格が適正かどうか不安である

中古は新品と違って同じものがありません。(厳密には新品にも同じものはないですが、中古よりは差異が少ない。)

よって提示された価格が適正かどうかの判断が難しいです。

もし、同じような商品が自分が買った値段より圧倒的に安ければ、すごい損した気分になります

最悪、騙された商品を掴んでしまうかもしれません。

3.すぐ壊れる(ダメになる)かもしれない恐怖

前任者がどのように使用していたかわからず、見た目以上に劣化が激しい場合など買って間も無く使えなくなる。こんな時は新品を買えばよかった...っとひどく後悔するでしょう。

このパターンでもすごい損した気分になりますね

30代独身男の考察

以上を踏まえた上で、私が出した結論は

「中古の方がお得だが、モノによっては新品を買う」です。

中古で買う方がおトクである理由

上述した中古のメリット・デメリットですが、

デメリットで挙げた要素はその人の気持ちや勉強不足からくるものであって、商品の価値を見て購入を決断していないと感じたからです。

1.気持ちでモノを買うべきではない

例えば古着のケースを考えて見ましょう。同じデザインのモノが新品と中古があり、中古の状態は良い。それで中古の値段は半額。

その時に中古の服に自分にとって害のあるものが付着しているなどなく、きちんと除菌処理などおこなっているならば、絶対に中古を購入すべき。

ここで新品を選択するのは自分の気持ちを満足させるだけ。しかし、そこで考えるべきは、

新品を買う気持ち良さに倍近いお金を払う価値があるか?です。

ほとんどのケースはないです。

よく考えたらそんなことに意味など全くありません。

その浮いたお金で別の気に入った古着を買ったほうが意味がありますね。

2.価格が適正かどうか不安

中古で買う場合、価格が一定ではないため、その値段が割安か割高を自分で判断しなければなりません。それで面倒臭いので新品を買うのです。なぜなら新品ならば価格が固定だから。

つまりその商品に対しての価値を他人に委ねているのです

これは商品に対して勉強不足だし、自分でモノの価値を判断していないのです。

例えば、欲しい商品があったとして、価格が高いので見送っていたら、安い中古があり割安だと思って購入した。その後、さらに安い値段で中古品を見つけた。

このケースでは自分でモノの価値を判断している人は購入を後悔しません。

もちろんもっと安く買える方がいいですが、モノの価値と値段を納得して買っているためです。

対して、それを考えない人は必ず後悔します。「中古だったらもっと安く買えたのか...損した。」と。

それで損した気分になりたくないから、価格が決まった新品を選ぶのです。

結局、自分が損した気持ちになりたくないので新品を買うのです。

そんな気持ちに金をかける意味は全くありませんね。

3.すぐ壊れる(ダメになる)かもしれない恐怖

これは中古品を買う上で怖いところですが、商品を勉強することでカバーすることができます。何が壊れやすいか?逆にどういう所が問題なければ大丈夫なのか?

これもキッチリ勉強することである程度補うことができます。

そして、新品もいずれは壊れる(ダメになる)ということ。

大事なのは自分の使用頻度や用途によってどのくらいの期間使えるか?ということです。

使用頻度も少なく一時的にしか使わない商品ならば中古で十分ですよね。(リースでもいい)

(一時的な)まとめ

👍新品よりも中古品を買った方がおトク!

いかかでしたでしょうか?

極端ですが新品で買うということは、「損した気分になりたくない。」という気持ちだけ。

本当に損したくなければ、自分で考えて勉強しろってことです。

 

 私の結論では「中古の方がお得だが、モノによっては新品を買う」でした。

しかし、本記事では「モノによって新品を買う」が全く説明されていません。以下の記事で中古品を選択すべき商品についての考察をあげたいと思います。

 

www.kouritsu30.com